iPhoneのバーコードリーダーから直接MediaMarkerに登録できたからまとめてみる

(2010/10/19 追記 : MediaMarkerアプリがバーコードスキャン対応しています。)

タイトルの通りなのですが、iPhoneから本のバーコードを直接読み取って、そのままMediaMarkerに登録できました。
せっかくなのでまとめてみます。

ちなみにできることは下のようなこと。

では準備から。

用意するもの

  • iPhone 3GS (3Gでの登録は未確認 虹の父さんが確認してくださいました! かなり時間はかかるそうですが100%不可能ではない様子。)
  • iPhoneアプリ「QuickMark」(バーコードリーダアプリ)
  • MediaMarkerの登録
  • MediaMarkerに登録したい本

QuickMark Liteでは直接登録は難しそう。
素直に有料版を準備しましょう。(09/08/23 13:00現在は230円)

MediaMarkerは自分の欲しい本や持ってる本をデータ管理してくれるWebサービスです。
本を大量に購入するのであれば是非登録しちゃいましょう。

設定

まずMediaMarker側の設定をします。
読み取り、連携時に手間が減るので「自動登録」の設定をします。

まず「設定」画面へ。

「メディア登録時の初期値」を設定します。

「タイトル」を適当に設定。
自分は「未読」としました。

その他の設定はお好みで。
設定しなくても自動登録はできます。

次に、iPhoneアプリの「QuickMark」側の設定をします。

「セットする」をタッチ

「一次元バーコードを設定」の「バーコードの種類」を

「EAN 8/13」に。

「転送サイトの設定」に以下のURLを入力(2011-02-17 URLが変わっていたので修正)
http://mediamarker.net/u/ユーザーID/search9?cat=9&srh=1&auto=1&q=
http://mediamarker.net/u/ユーザーID/search9?cat=9&srh=1&auto=1&code=
※ユーザーIDのところには自分の登録したMediaMarkerのユーザIDと置き換えてください。

以上で設定は終了!
実際に利用してみます。

実践

ではもう一度実践している動画を確認しましょう。

以上です。

これで、iPhoneと本のバーコードさえあればMediaMarkerへの登録は非常に簡単になります。
バーコードリーダーと比べると読み取り速度は明らかに落ちますし、たまに読み取れないバーコードなんかもありますが、それでもここまで簡単に登録できるのはiPhoneならではといえるでしょう。

これを見たあなたもレッツトライ!

追記(09/08/24 23:50頃)

3Gだとやはり取り込みに時間がかかるようです。
アプリご購入の前にLite版でQRコードの取り込み動作を確認することをオススメします。

追記(11/02/17)
転送サイトの設定用URLを修正しました。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

  1. beck said on 2009年8月24日 at 3:35 PM

    素晴らしいHACKをありがとう御座います!
    さっそく実践させて頂きます。

  2. harukichi said on 2009年8月26日 at 1:31 AM

    素晴らしいです。感激しました。
    ご紹介ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL