最もスマートなフリーランスの始め方は、「会社を辞めずにフリーランスの仕事を始めてしまう」という方法

フリーランスの仕事は突然のドラマチックなきっかけで始まるものではなく、意外に地味な取り組みの積み重ねがカタチになっていくもの。平日9時5時はサラリーマンの生活を送りながら、夜や休日を利用してボランティアやインターン、ちょっとした下請け仕事をコツコツやっていくことで、徐々に可能性が広がっていくのが現実なのだそうです。

ふむふむ。 考えてみれば当たり前なんだが、改めて言われると結構大切だよなと思える。
週末起業、ってことなのかな。

Posted via web from 想造メモ

購読しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする