ちょっとしたアイデアをiPhoneからEvernoteに送信するための最短方法(自分調べ)

2010/03/23:後日、nanapiにさらに詳しい情報もまとめてみました。よろしければこちらもどうぞ。

iPhoneからEvernoteにちょっとしたアイデアを送る最短方法

タイトル通りですが、EVERNOTEにちょっとしたアイデアをストックするための自己最速の方法を見つけたのでメモもかねて投稿。
Evernoteアプリは起動がちょっと遅い。
Evernoteアプリは起動がちょっと遅いんですよね。
アイデアやひらめきって瞬間的なものだから、スムーズに入力できないとどうしてもストレスになりがち。
Evernoteに送信する方法はいろいろと準備されているものの、なかなかスムーズとは言いにくいものばかり。

Twitterアプリから@myenに送るのも、iPhoneだとちょっと面倒。

候補としてあがったのはTwitterですが、これはわざわざ@myenと入力しないといけない手間があるので却下としました。そんな手間を踏んだらまた別のアイデアが消えてしまいそう。あああ!

…といろんな方法を考え、なんとかストレスを回避できる方法はないかと考えていたら、ありました。

いやすごいですよiPhone。このアプリが標準装備なんだから。
そう。皆さんたぶん使われているメールアプリ。これを使えばスムーズに送信できますよ。

具体的にはSMS/MMSアプリ

とはいっても標準のEメールアプリではありません。
SMS/MMSアプリを使ってどんどん送信していくのです。

さてその気になる方法は。

方法は簡単。
SMS/MMSアプリからEvernoteメールアドレスに送信するだけ。

一度送信しておけば履歴が残るので、再度送信したくなっても履歴から選択するだけ。

これででまた送信できる状態になります。

これで湯水のようにわき出るアイデアにも対応できますね!

小さなアイデアはこれで送信しておけば、後でふくらます事ができる。

で、あとでたまったアイデア群を読み返す。
使えそうなものは残しておいて、使えないものは削除。
ちなみにMMSメールで受信したテキストには、基本的には表題がないので自動で「Mailed in note」という表題がつけられるようです。

ということで、今回はSMS/MMSアプリからEvernoteに送信する事をご紹介しましたが、
とにかく小さなアイデアをどんどん出すときはこのアプリが想像以上に便利。
写真も付加できるし、かなりオススメです。

追伸:この方法、めちゃ便利なので誰かすでにやっている人がいるんじゃないだろうか~とおもったら、やっぱりすでにいました!

iPhoneをユビキタス・キャプチャーとして使用する。そうだ、SMS/MMSだ!
でも、あんまりメジャーじゃないみたいですね…。

購読しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする