『ブログの更新が続かない人の為のブログ術』 参考になった部分をメモしてみた。[テーマ決め・ネタ探し編]

「あなたのBlog術教えて下さい!」企画にエントリーしました!

R-style ≫ 「あなたのBlog術教えて下さい!」企画

想造ノートからのエントリーはこちら。

文章の苦手なあなたでも更新できる、新しいブログの表現方法

で、早速ですが企画エントリー記念ということで、他のエントリーを見て参考になった部分をピックアップ。

テーマを決める
ブログの幹となる方向性

1つに絞っているほうが書きやすいと思います。
ネタも集めやすいし、そのテーマに興味を持つ読者を集めやすいというメリットもありますよね。

でも、そのメインテーマからはずれることも書きたくなってくると困ります。
私も別ブログを立ち上げるべきかどうか、悩みました。

私の場合は、別ブログを更新し続けるのは難しいと思ったので、このブログの中に「漫筆(まんぴつ)」という雑記カテゴリーを作って、メインテーマ以外を吸収することにしました。

これからブログを始める人、ブログ始めて間もない人へ[名言コツコツ]

上記は「名言」をテーマにエントリを書かれているコボリジュンコさんのご意見。

コボリさんは以下のようにも書いておられます。

ブログを始める前、またはブログを始めたばかりの頃に、ブログを運営する目的をちゃんと記録しておくことをオススメします。これが私が一番オススメしたいこと。

なぜブログを運営するのか、ブログを運営することでどんな成果を得たいのか(「どんな自分になりたいのか?」「どんな将来を期待しているのか?」)を紙に書くなどで記録してみてください。

これからブログを始める人、ブログ始めて間もない人へ[名言コツコツ]

なるほど、自分のビジョンをぶれずに持って、枝葉のように気になる部分も書かれているみたいですね。

テーマに沿うことで自分の興味を深く掘り起こされているんですよね。

また、身近な出来事からエントリーを書かれているmixvoxさんからはこんな意見が。

「特定のテーマに沿って書きましょう」とはSEOやアフィリエイトの本に載っていることですが,個人的には気にしすぎなくてよいと思っています.テーマを絞りすぎると,ブロガー個人に対する興味を失うし,人間味を感じないから.

これからブログ始める人 /始めて間もない人に贈るblog術 | mixvox

これはこれで、実は無意識のうちに「自分自身」というテーマに沿って書いておられるんですよね。

最後に、テーマ決めの際にこれは是非意識したいポイントとして、マイペースクリエーターさんの以下のエントリ。

ブログ開設の第一歩は、まず「どんな立場を演じるか」を決めることから始めるとよいと思います。
誰に読んで欲しいかを決めれば、書くべき内容は自ずと決まってきます。

逆にここが曖昧だと、ブログを続けるモチベーションが徐々に下がっていく人が多いみたいです。

「ブログが続かない!」って人へ 【前編】誰が読むの? | マイペースクリエイターのお仕事日記―フォックス株式会社制作部のブログ

誰に向けて書くかも意識しておきたいですね。

ネタ探し
日々の更新のもととなるひらめき

これは同意!

アイデアを捕まえることについてはかなり神経質です。常にペンとネタ帳、または iPhone を手離せません。

アイデアというのは、ふわふわ漂うタンポポの種みたいなもので、いつどこからふってくるかわかりません。「来た!」と思っても、すぐにキャッチしなければ、簡単にどこかへ行ってしまいます。

だから、どんな些細なことも(きっとボツになると思うことでも)、しっかりキャッチしてネタ帳に仕込みます。そして、芽が出るまでしばらく待って、自分の中である程度育ってきたものをブログでお披露目するという流れになっています。

これからブログを始める人、ブログ始めて間もない人へ[名言コツコツ]

アイデアって本当にふっとでては消えて、そのあとはなかなか思い出せなかったりするんですよね。

そして、一つアイデアが出てきた物を必死に忘れないようにしていると次のアイデアが出なかったり、努力もむなしくあっさり忘れていたり…

発見したアイデアは細かく記録しておきましょう。

以下はRashitaさんのエントリのまとめより。

普段からネタを探しておく

ラフスケッチを書く

困ったときはパクる

R-style ≫ ブログ更新を簡単に行うための3つのコツ

普段からネタを探しておくというのはやっぱり大事。

スキあらばメモする習慣ができるとブログのネタは比較的困らなくなります。

ラフスケッチを書く、っていうのは、そのエントリで表現したいことを簡潔に書くということ。

今回のブログ術にはエントリされていませんが、こんなエントリが参考になるかと。

初心者が簡単にプロっぽく記事の内容を仕上げるテクニック*ホームページを作る人のネタ帳

最後の「困ったときはパクる」というのは丸ごと盗用するというわけではありません。

別のエントリを見て、その根底のある物を汲んだ上で自分がどう考えるかを書く、ということかなと僕は考えてます。

以下は、ネタ探しって身近なものだよというmixvoxさんからのアドバイス。

あなたが普通のサラリーマンや主婦だとしても,日常生活の中で結構な情報をお持ちではないでしょうか.読んで感銘を受けた本の感想,昨日作って家族に好評だったレシピ,近所の美術館や博物館にお安く入る方法,通勤電車で最適な乗換方法,猛暑を快適に過ごす方法,こんなところにいるはずもないのにな桜木町など.

例えば,私の個人blogの中から人気を博した超日常生活からのネタ.

・学生が引越しの際にやらなくてはならないこと+6つの補足
・twitterでフォローしていない非公開(鍵付き)ユーザーのリプライは見えない
・鬼混みの観光シーズンの京都駅で快適にタクシーに乗る方法

意外と日常ネタが人気だったりします.

これからブログ始める人 /始めて間もない人に贈るblog術 | mixvox

確かに!日常的な気づきは意外とウケがよかったりしますね。

普段からやってる便利なこと、なんかもまとめると面白いエントリになります。

ネタ集めのテクニックとしてマイペースクリエーターさんのこんなアイデアも。

「あ、これネタにできる!」って内容が出来たときにすぐ覚え書き代わりにメールを作ります。

携帯から投稿できるブログもありますが、対応していなくても、携帯メールで軽く文章を作っておいて自分のパソコンにメールを送ったりして後からコピー&編集するだけでもかなり違います。

ポイントは、ここではしっかりした文章にしないこと。携帯の小さな画面でちゃんとした文章を書くのは余計大変です。
思いついた文章を、文脈のつながりなんか考えずに入力。または箇条書きで打ち込み。後から、PC上でちゃんとした文章に直します。

「ブログが続かない!」って人へ 【後編】何事もメモと情報収集! | マイペースクリエイターのお仕事日記―フォックス株式会社制作部のブログ

普段何気ない発見を携帯メールで簡潔にまとめ、自分自身のPC用メールアドレスに送るという手法ですね。

近いものとして、「ハッシュタグ付きでTwitterに投稿してみる」というのも個人的に挙げておきます。

こちらもおすすめ
おすすめの本一覧

「手帳ブログ」のススメ
大橋 悦夫
翔泳社
売り上げランキング: 162181
おすすめ度の平均: 4.5

5 ブログを書き始めようかどうしようか悩んでいる人にはヒントが満載
3 Blogの本としても、ビジネス書としても感動的なできではない。
4 自己成長のためにブログを書き続けるということ。
5 ブログ活用形の1つのスタイルを提供
5 モチベーションの上げ方

~Twitter、Ustream.TV、Facebookなど、ソーシャルメディアで世界一成功した男~ゲイリーの稼ぎ方(ソーシャルメディア時代の生き方・考え方)
ゲイリー・ヴェイナチャック
フォレスト出版
売り上げランキング: 675
おすすめ度の平均: 4.0

5 素晴らしい一冊
2 ツイッターなどの手法論でなく、商売の在り方を説いている本
5 ソーシャルメディア全体のなかでustreamとTwitterとの連携を明確化した本
4 言うはやすし、行なうは難し
3 タイトルがあおりすぎ

と、いうことで…

初回の「テーマ決め・ネタ探し」編はいかがでしたでしょうか。

まだまだ多くの気づき、発見があったので、明日も引き続きエントリーします。

購読しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする