「徹底的にフォルダ分けし、マルチタスキングを活用する」iPhoneアプリ管理術

IPhoneappfolders
ある飲み会でiPhoneのアプリを教えあうみたいな話題になったのですが、そのときに驚かれたのが僕のホーム画面。
僕はすでに当たり前のように使っていたのですが、実はほぼ全アプリがフォルダに分けられています。
iOS4導入以降ずっと使ってきて、iPhoneOS3系列には戻れないぐらい便利になったので改めてご紹介いたします。

実はよく使いたいアプリは時と場合によってよく変わる。
旅行中と仕事中ではiPhoneの利用スタイルは違ってくる

考えてみたら、iPhoneって基本的に使いたいアプリが時と場合によって変わっていくのです。
仕事中はスケジュールやTODO管理、ブログの下書き中はメモアプリ。旅行中はナビアプリやマップアプリ、などなど…。
そうなると、時と場合によってホーム画面を編集したい欲求に駆られる事が。
ああ、いまのタイミングだとあのアプリがココにほしいよなー。みたいな。
ということで、僕はiOS4の新機能を徹底的に活用する事にしました。

まずiPhoneのアプリを徹底的にフォルダ分けする。
ページめくりよりもフォルダ選択

一番に実行したのがiPhoneアプリのフォルダ分け。
本当によく使うよーと思うアプリもとりあえずフォルダ分け。

ひたすらフォルダ分け。
メールとSafari以外は全部フォルダ分けしちゃいました。これでホーム画面はすっきり

「よく使いたいアプリはどう起動するの?」
ホームボタンダブルクリックでマルチタスキングから起動

よく使うアプリは、ホームボタンのダブルクリックから起動。本当に頻繁に使うならマルチタスキングの上位に残っているのでそこから起動します。

こうする事で、時と場合によって頻出アプリが自然と変わってくれるので自然と使いやすいホーム画面になってくれるのです。
アプリ起動中でもホームボタンダブルクリックから別のアプリへ。

慣れるまで少し時間がかかる。が、慣れれば今まで以上に自分に最適化してくれる。

実はこの方法、一番の効用は「マルチタスキング」に自然と慣れてくる事だと思います。フォルダ分けしただけだと決して使いやすくない、のですが、マルチタスキング併用すると話が変わってきます。
この機能、ランチャーとしては想像以上に使いやすい。
いままでのホーム画面だと、アプリがたくさんありすぎてめくるうちに見逃しちゃう事もあったのですが、これだと確認するのは4アプリだけだから見逃す事もほとんど無いですし。
今までのアプリ管理でしっくり来なかった方はぜひお試しください。
今回のキーポイントは、上記でも説明しましたが、いかに「マルチタスキング」に慣れるか、というところだと思います。
慣れるまで少しの時間を要するのが難点ですが、そこさえクリアすればかなり使いやすくなってきます。
アプリのページめくりにうんざりしている方はぜひお試しを。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL