2大クラウドサービスとの連携でiPhoneの利便性を向上させる。

Q:iPhoneでのクラウドサービスとの連携をしたい

A:僕が主にiPhoneで使うクラウドサービスは、EvernoteとDropBoxだけ。

iPhoneでよく使うクラウドサービスは「Evernote」と「DropBox」の二つ。

Evernoteは資料管理アプリ、DropBoxはファイル管理アプリです。

この二つ、どちらかに一本化できそうに思いますが、実は全然違う特性を持っています。

特にEvernote。
Evernoteは慣れるまでは使い方に困ることが多いですが、検索に慣れるとこれほどに便利なツールはありません。

ということで、性質の違いを生かした使い分けが必要になるわけです。

ちなみに僕は

  • Evernoteはメモアプリ。資料置き場として使い、あとで検索を使い活用するように。
  • DropBoxはファイル管理アプリ。iPhoneとPCのファイルをシームレスに管理するように。

というような使い分けをしています。

これらについて書きだすと長くなりそうなので、また別に詳しく書いていきたいところです。

まとめ図

最後に…

こちらのセミナーも引き続き宜しくお願いします。
残り席数はあとわずか。

11月27日 iPhoneに振り回されないiPhone活用術セミナー@大阪

参加表明をいただいている皆様、ありがとうございます。
もし見ている方で、参加表明されていない方、お早めにどうぞ。

購読しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする