細かい作業を処理し、作業スピードの向上も見込める「2分ルール」のススメ

GTDでは、「2分以内にできることはすぐやる」というルールがあります。
これは、自分が気になることの中に「2分以内でできる」ものがあったらすぐに実行する、というルールなのですが、これは、
「つい後回しにしてしまいがちな細かい作業」
を漏れなく実行する際に非常に効果的なルールです。
しかし、このルールに則って実行しようとすると、やはり出来る作業は限られてきますよね。
今回はこのルールを逆手にとって、作業を処理しつつその作業をスピードアップさせる方法をご紹介。

用意するもの時間をはかれてパっと見られる道具が一つ必要です

  • ストップウォッチなどの、経過時間をはかれるもの

iPhoneがあれば時計アプリで代用できそうです。

やり方手順は以下の3ステップ

  • 2分〜5分ぐらい?でできそうな作業を見つける
  • ストップウォッチ作動
  • 作業をする。頑張って急いでやってみる。
  • 終わったらストップウォッチ停止!
  • 結果を見る。思ってたより早く終わっていたら優越感に浸る。(何分かかったかメモしておくのも)

効用この手順でやっていくと、以下のような効用が期待できます

  • 小さな作業にもゲーム性を持たせることができます
  • 素早くやろうとするので、スピードアップが見込まれます。
  • 雑用の処理が楽しくなります。

キーポイントは「ゲーム性」と「スピードアップ」にありそうですね。
2分でできそうになかったことを「あえて2分でやる→2分でできるようになる」のは、自分の自信にも繋がりそうです。

今回のエントリのきっかけになった本

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術
デビッド・アレン
二見書房
売り上げランキング: 470

あとがき

改めて本を読んで、GTDを勉強しています。
こうして二度読んでみると、一回目では読みきれなかった部分が多く、非常に実りの多い一冊だなと改めて感じますね。

GTD自体も非常に面白いのですが、やはり一番面白いのはデビット・アレン氏(そして訳者の田口元氏)のタスクに対する考え方ですよね。
まだまだ自分自身は未熟な部分が多いですが、少しずつ生活の中にGTDの考え方を浸透させていこうと思います。

さらにあとがき

なんかこれを書いている途中で、goryugoさんがちょっと似たエントリを投稿されてた!
こちらも非常に興味深い内容になっています。

シゴタノ! — 「ToDoリストを作る」というToDoの悲哀

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL