WM3500RのUSB接続通信を試してみた。

今回はそこまでガッツリ試せていないので、メモ書き程度に。

WM3500R、USB接続でWiMAXに接続できる。

WM3500R
このデバイス、MicroUSB端子が付いており、ケーブルでマシンに接続すると、モデムのようにネットワークに繋げることができます。

USB接続なので、WiFi接続不要。
もしかしたら電池も節約できるかも?

ということで、今回試してみました。

Macの場合、インストール作業いらずで接続完了

結構すごいなと感じたのですが、Macの場合、インストール作業をせずにネットワークに繋げることができました。

もしかしたら何らかのインストール動作はあったのかもしれませんが、意識することなくいつの間にか利用可能に。

追記:調べてみたら、一部設定は必要だったみたいです。
(自分は無意識のうちにぱっぱとやってたみたい…)

Macパソコンの場合

1. 本商品をUSB接続すると「新しいネットワークインターフェイスが検出されました」と画面表示される
2. 「“ネットワーク”環境設定」をクリックする
3. 「ネットワーク」の画面が表示されたら、[DHCPサーバを使用]が表示されているのを確認し、「適用」をクリック

via: USBで接続する

それでも、かなり簡単ですね。
これだけでセットアップが完了するとは…。

Windows7とVistaでもセットアップフリーらしいです。

自分の場合、何故か途中で通信がプチプチ切れる現象が。

ただ、このUSB接続通信があまり安定していないですね。

同時にWiFiで接続しているiPhoneなどのデバイスは通信が安定していたのですが、USB接続しているPCからは不調気味に。

結局素直にWiFi接続するようにしたら、安定してきた

結局そのまま通信がとぎれとぎれになってしまったので、最終的には素直にWiFi接続するようにしました。

すると、通信が安定するように。
うーん、とりあえず今日はWiFiで接続しよう。

ということで、今日のUSB接続の実験は終了。

安定性はまだまだなデバイス。でもファームウェアで安定してきたら決定版になりそう。

やはり気になるのはデバイスとしての安定度。

WiFi接続では安定感を出すようになっており、バッテリーの長さが非常に生きたデバイスとして活躍しているのですが、細かい(まだ実装されていない部分含め) 機能のツメが甘い印象。

ただ、ファームウェアの完成度次第で、かなり化ける可能性のあるデバイスだと思います。
ハードウェア上の致命的な問題がないことを祈りつつ、今月リリース予定のファームウェアを楽しみに待つことにします。

WiFi接続が不安定な方は、こちらもご参考に。

想造ノート: WM3500Rの「ロングライフ充電」時のバッテリー残量の挙動がすごい件+不安定なWM3500Rを安定化させる設定

「補足」に、自分がやった安定化の手順を紹介しています。

あとがき

大阪市内は、今日から急激に寒くなってきましたね。

正直、ここまで寒くなるとは思っておらず、昨日までと同じ感覚で外に出たら凍える凍える。

今季初めて「冬がきた」事を痛感する一日でした。

スロジョグ記録

1時間かけて7キロ走りました!

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL