トラックスポーツのソーシャルネットワーク「RunKeeper」ノススメ

トラッキングアプリのスタンダードになりつつあるけれど、RunKeeperは便利なポイントがたくさん。
今回はそんなRunKeeperを、「iPhoneアプリ」としての観点と「Webサービス」としての観点からご紹介。

RunKeeper Free(無料)

GPSで距離測定可能

iPhoneのGPS機能を使って、自動でコースを記録、その距離と消費カロリーを測定してくれます。

ランニング後、コースの確認が可能

走ったあと、コースを確認できます。

ランニング後のトレーニング結果をTwitterやFaceBookで共有可能

WebサービスでTwitterやFacebookのアカウントと紐付けすることができます。
これによって、ワークアウト後に結果をTwitterやFacebookにて公開が可能に。

マニュアルでも入力が可能

コースの情報はマニュアルでも入力可能。GPSが使えないときは自分で大体の距離を入力し、記録を残しておくことが可能。

RunKeeper Pro(1200円)

写真UP可能

ランニング中に撮った写真をRunKeeper.comのマップ上に残すことができます。
撮った写真は、あとでWeb上から確認することも。
ジョギング中に速度を緩めて、息を整えながら写真を撮って、スローペースを維持する、なんて技も。

音声アナウンス機能

数分毎、もしくは数メートル毎に音声でステータスをアナウンスしてくれます。
アナウンスしてくれるのは「経過時間」「距離」「(コーチングを設定していれば)目標までの差」。

コーチング機能

これも面白い機能です。
自分がどれぐらいのペースで走りたいのかを事前に設定しておくと、ランニング中に音声アナウンスで、そのペースに合わせて走れているか教えてくれます。

インターバル機能もあり、事前に設定したペース配分を声で指示してくれます。
距離とスピードを伸ばしたい人は重宝しそうです。

音楽再生機能(スタート時にプレイリストを再生してくれる)

事前に作っておいたプレイリストを、ランニング開始時に再生してくれます。
ちょっと便利な機能ですね。

広告なし

Pro版は広告なし!

地味だけどツボを付いた「Runkeeper.com」の設計

友達と走った記録を共有することができる(Webサービス)

実は、RunKeeperはアプリの域を超えて、Webサービスも提供しています。
Web上で、フォローしているメンバーの記録も確認できるので、モチベーション向上にもつながります。

マップ確認しなければ、オフライン(3GOFF状態)でも利用可能

GPSの位置情報のみを利用するので、オフラインでもバッチリ使えます。
ランニング後、RunKeeper.comにデータを送信しておけば、Web上にデータを登録することも。
Pro版の「写真UP」機能もオフラインで使えるのはちょっとした驚きでした。

ランニングだけではなく、ウォーキングやサイクリングなどのスポーツにも対応

RunKeeper

対応しているスポーツが多種多様!ランニングやウォーキングだけではないのです。

  • Running
  • Walking
  • Hiking
  • Cycling
  • Mountain Biking
  • Downhill Skiing
  • Cross-Country Skiing
  • Snow-Boarding
  • Elliptical
  • Skating
  • Swimming
  • Rowing
  • Wheelchair
  • Other

13競技+その他。範囲が広いですね…。
ちなみにこれはFree版でもカバーしています。

運動中にRunKeeper記録していなくても、Webから運動記録をとることができる。

アプリが落ちた時、はもちろん、運動したあと記録するのを忘れても入力することができます。
iPhoneでは距離だけ、Webからだとコースもマニュアルで記録が可能です。

RunKeeper

Androidにも対応

iPhoneはキャリアが嫌で敬遠している、でもAndroidはもってる…という方でもバッチリ使えます。
RunKeeper for Android | RunKeeper

あともうすこし…と思うポイント

日本語化されていない

英語アレルギーの人は取っ付きにくいかもしれません。
が、そこまで複雑な事は書いていないので慣れれば簡単に使えます。

iPod Touchに対応していない

GPSでトレッキングしているので、こればかりはどうしようもありません。
iPod Touchを使うのであれば、素直にNikeアプリを使ったほうがいいかもしれませんね。
アップル – Nike + iPod

今日紹介したアプリ

RunKeeper Free (無料)

RunKeeper Pro (1200円)

Free版でも基本的な機能はきっちり利用できます。
まずはFree版を試して、より活用したいと思ったときにPro版を購入するのがよさそうです。

あとがき

もう年末なのですね…
なんだか今年は年末っていう実感があまり湧かないんですよね。

職場が変わっていろいろとバタバタしているってのもあるかもしれないです。

スロジョグ記録

右足に違和感が残っていたので、月曜日はお休みしました。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL