習慣に挫折しそうになったら、実行量を減らす。

朝起きても、「行きたい!」と思わない。

寒そう。今日はやめとこうかな…と考える。

とりあえず走りだしてみたものの、ペースが落ち気味。

…そんな日がついに訪れてしまいました。

最終的にはその日もジョギングに出て、3キロ程度は走ったのですが、やっぱり不完全燃焼な感じに。

なぜこんなことになってしまったのでしょうか。

僕の思いつく言い訳

考えてみると、色々と思い当たる節がありました。

  • 身体が冷え込んでいたので風邪を引いた可能性が。
    前日は寒い中で作業していた。風邪引いたかもしれない。
  • 前日はお酒を飲んでいた
    昨日、寝る前に飲んだお酒の影響が次の日に尾を引いているのかも。
  • 前日がとにかく寒かった
    昨日寒かったし、今日ももっと寒くなって、走るどころじゃなくなるかも。

どれもそれらしい理由ですね。

これらのいいわけは2つの種類に分けられそうです。

身体的いいわけ

まず一つ目は、体の不調を理由にしたいいわけです。

  • 風邪を引いた
  • お酒が残っている

精神的いいわけ

もうひとつは、気持ちが萎えてしまう原因を理由にしたいいわけです。

  • 外が寒そう

この他に、雨がふっている、とかもありえそうですね。

これらの中で、解消しやすいものは「身体的いいわけ」

身体的いいわけは、かなりのものが阻止できるように思います。

風邪については、寒い環境を何らかの形で暖かくする。もしくは着るものを厚くするなどで、風邪を引きにくい環境を作れそうです。

お酒は、飲まないが理想ですが、極力寝る前にのまないようにするしかなさそうですね。

「精神的言い訳」はどう乗り越えるか

逆に精神的言い訳は、もう気持ちの問題でしか無いので、阻止する以前に「割り切る」しかないような気がします。

「自分は走ると決めたし、走ろう。」
それぐらいの気持ちでないとスタートを切れないように思います。

ただし、本当に無理なときは素直に諦めます。
雨がふっている時に無理に外にでて、体調を崩してしまったら意味が無いです。

そのへんの判断は、自分の裁量にかかってくるので、きちんとした判断材料を作っておけば、一度やめても再度継続することはつらくなくなりそうですね。

あとがき

年末年始の予定を立てています。

多分、実家に戻って2〜3日泊まらせてもらい、自宅に帰ってゆっくり過ごす、といういつものパターンに落ち着きそうです。

年始に立てる目標ってのはあんまり信用にならないので、むしろ年末年明けるまでに一年間の反省と改善点、次の計画を立てておきたいところ。

スロジョグ記録

30分かけて3キロ!スロージョギング!

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL