【写真115枚】MARUZEN&ジュンク堂 梅田店は本好きのための新定番スポットになりそう!

12/22に、大阪梅田にMARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店が出来ました。
で、昨日ちょっと足を運んでみたので、今回はフォトレポートをしてみます。

と、その前に僕なりの感想を。

  • 目的のコーナーまで足を運ぶのは苦痛ではない
  • 在庫は豊富
  • ストア内の陳列がきっちりしているので、同じジャンルの書籍を探しやすい

目的のコーナーまで足を運ぶのは苦痛ではない。

店内の坪数は2060坪とかなり大きいのですが、フロアは8つにわかれているため、フロア内を探すのは苦痛ではないかなと。
(ジュンク堂大阪本店はフロアが大きかったので、そこを探す手間は相当でした。)

在庫は豊富

これだけ面積が広いので、どのフロアのどのジャンルもしっかりと在庫が準備されていました。

ストア内の陳列がきっちりしているので、同じジャンルの書籍を探しやすい

ただ広いだけではなく、きちんと整理されているので、同一ジャンルの書籍が非常に探しやすい。

僕も自分が買おうと思っていなかった本をついつい買ってしまいました。
本好きにはたまらない、そして、「買いすぎそう」という意味では危険な店です。

それでは、早速フォトレポートを

写真はすべてiPhoneで撮ったものですので、画質はまちまちです。
ご容赦ください。


裏口から入ってみましょう。


各フロアはこんな感じ。

1F 新刊・話題書 雑誌 会計フロア

レジ前!この時11:30位でしたがすでに混雑…


検索機!各フロアに設置されております。


エレベーターもあります。

ということで、改めて正面玄関をパチリ。

2F 文庫 新書 文芸 文具フロア


続いて二階へ。


おっ!ナガサワ文具が!
神戸出身の自分はよく学生時代お世話になりました。


ナガサワ文具はこんな感じです。

今度またゆっくり見てみよう。


新書コーナー!


ハヤカワ新書Juiceコーナー!
なかなか面白い作品を有している新書ブランドです。


早速気になる二冊をチョイス。


ビジネス系の新書もまとまっています。


と、ここにインフォメーションボードがありました。
営業時間は10:00〜22:00。年始は1/2からだそうで。


5000円以上購入で配送無料!遠方からきた方にも嬉しいサービスですね。

3F 地図 実用フロア


続いて3Fへ。


3Fは地図、実用フロア。


タロットカードも売ってます!これもある意味実用?


料理本はこのフロア。


白菜の本!ちょっと気になる…。

白菜の本 (生活実用シリーズ NHK「きょうの料理ビギナーズ」mini)
日本放送出版協会 (2010-11-18)
売り上げランキング: 25104


大人の科学も実用かー。

そういえば、来月はテオ・ヤンセンの作品がついてくるんですよね。


モレスキンも売っている!


地球儀なんかもこのフロア。

4F コンピュータ 社会フロア


次は4Fへ。


こちらはコンピューターと社会フロアですね。


Mac使ってると、ついMacコーナーに立ち寄ってしまいます。


iOSアプリが作りたい!と思ったらココですね。


イラストレーターやフォトショップの教本も。


CGイラストレーションの技法系の本もバッチリ。


オライリーコーナー!と思ってみてみたら謎のスペースでした。


同フロアにはビジネス書も。


おや、これはもしや…


気になっていた本を発見!コレもゲットします。

仕事をためこまない人になる5つの習慣
佐々木 正悟
青春出版社
売り上げランキング: 62815


ビジネス系の新書もまとめられています。コレもいいですね〜。

今度ゆっくり見に来ます。

5F 芸術 人文フロア


続いて5Fへ。


こちらは芸術・人文フロア。


心理学系の本はこちらのフロア。


歴史や…


宗教の本なども。


哲学系の本もしっかり準備されていました。


芸術コーナーに入っていきます。


誌面デザインの本。


ロゴデザイン系の本もこちら。


なにこれ!
表紙が「漫☆画太郎」さんですね…。


今話題の歌舞伎!


アニメーション系の本も。


バンドスコアも芸術コーナーなんですね。


ギター教本なんかもしっかり揃っています。


お、ようやく座り読みコーナー(で誰も座っていないところ)を発見。
1フロアに5〜10席程度、用意されているみたいです。

6F 洋書 理工 医学フロア


…では、次のフロアへ。


こちらは洋書・理工・医学フロア。


お、チェア付き座り読みコーナー!
かなりくつろげそうですね。


ちょっと本を置いてみました。
ここで読むこともできるのでしょうか。


引き続きフロアを回っていきましょう。
こちらは建築デザイン。


インテリアや照明デザインの本ですね。


安藤忠雄氏のフェアが開催されていました!
そういえば、この建物も安藤忠雄氏が建築デザインされたものだとか。


それに対するリスペクトの念も込めてか、彼のコーナーは大々的に作られていました。


なんと棚2台分。すごい。


その横には医学系の本もあります。


医学洋書も!医学の最先端は海外から、ということでしょうか。


植物系の本も。

環境系の本もしっかり用意されています。


自然地理学や、


バイオテクノロジーのコーナーまで。
意外と細かいジャンルでわけられているので、興味あるジャンルの本が見つけやすいんですね。


洋書コーナーに入った途端に見つけたCOMIC棚。
ワンピースやBAKUMANの英語版が!
ちょっと読んでみたい気もするけど、う、960円…。


洋書もかなり充実しています。


洋書版ダ・ヴィンチ・コードなんかも。


お、ドラッカー!


デール・カーネギーも。
左が「人を動かす」、右が「道は開ける」でしょうか。
その右に映っているのは「7つの習慣」?


洋書の新刊コーナー。


その隣には洋書の話題書コーナーも。

7F 児童・学参・語学コーナー


次のフロアへ。


こちらは児童・学参・語学コーナー。
…ん、Salon de 7?
ちょっとあとで寄ってみましょう。


カルタもおいています。そうか、もうすぐ正月か…。


語学系の新刊、話題書もしっかりまとめられています。


英語雑誌コーナーも。


児童英語コーナーもあります。
英語系の本も非常に充実していますね。


お、King of Popことマイケルジャクソンの本も!


さらに奥に進んでいくと、赤本コーナーも。


センター試験の参考書もバッチリ。


専門学校のガイドなんかもこちらにあります。


さらに進んでいくと、児童向け書籍コーナーへ。


阪神大震災を経験した身としては、こういう情報を子供の時に知っておくのは大切なことですね。


隣を見ると、「生き方」コーナー。結構哲学的ですね…。


「どんと来い!貧困」がちょっと気になりますね。

どんとこい、貧困! (よりみちパン!セ)
湯浅 誠
理論社
売り上げランキング: 42534


お、学習漫画!歴史の人物をマンガで学べるシリーズなどもありましたね。


Salon de 7 と書かれていたところは、展示場でした。
今は「蔵書票の楽しみ展」がひらかれていました。


また児童書コーナーに戻ってきました。
こちらはファンタジーもの。


さらに進むと絵本コーナーに。
子供の頃読み聞かせてもらった本もあって、懐かしいですね。

有名な詩人、まどみちお氏。
教科書にも載っていましたね。


最近のしかけ絵本は結構ギミックが凝っていますね。
3Dで見えたり絵が動いたり。


お、「ウォーリーを探せ」だ!懐かしい!
一時ブームになったことがありましたね。


カモノハシが頭に汚物を乗せられてえらく怒っています。
自分でもそんなことをされたら怒りますが。


お、ノンタンシリーズ!
これも結構前から続いていますね。


モチモチの木!
国語の教科書で読んだ記憶が。


汚物シリーズ。
「最強の読み聞かせ絵本」たしかに最強かもしれない。


「はせがわくんきらいや」
2010年ベストタイトル賞をあげたいぐらいのインパクトの強さ。


エスカレーターの横にはブロックも。


と、これで7Fまでを回って行きました。
一旦1Fに降りてきました。これで1Fから7Fまではだいたい回ってきたことになります。

B1F コミックフロア


さらに階段で下に降りていきます。B1Fへ。


B1Fは、コミックフロアです。


コミック新刊コーナーも結構広い。


有名作家さんは棚でちゃんと集められています。


かの手塚治虫作品も、ちゃんとコーナーに集められています。


ココで気づいたのは、「マンガも立ち読みが可能」だということ。
普通の本屋だと基本的に全部ビニールで封がされているんですが、ここではほぼすべての本が封をされていない!


もちろん、ライトノベルも立ち読み可能!


で、ライトノベルも棚をフルに使って陳列されています。


まんがでわかる名作シリーズ。こんなのも今はあるんですね。


「ちゃお!」は最近は「めちゃモテ委員長」ってのが売れているのでしょうか。


攻略本はコミックフロア内に用意されています。


おや、これは「マンガで分かる心療内科」!!

この漫画、かなりシュールですよね。
もともとWebマンガなので、ネット上でも読むことができます。

マンガで分かる心療内科・精神科・カウンセリング | = ゆうメンタルクリニック 上野駅0分 東京・池袋・心療内科・カウンセリング・精神科


ジャンプ棚。ジョジョは長く続いてますね。
Steel Ball Runはすべて表紙陳列で2棚にわたって置かれていました。


ということで、興味のある本を四冊ほど持ってレジに並ぼうと思ったら、来たときの2倍の列になっていました。

並んだ時の時間はだいたい12:30程度。
そこからレジまでだいたい15分程度だったでしょうか。

さらに夕方になると、もっと混雑するんだろうなということは想像に難くないですね。


レシートはこんな感じ。

キャンペーン中は3000円購入する毎にチーズケーキ一つプレゼントらしい。


ということで、僕も一つもらいました。
チーズケーキというより、一口チーズケーキでした。

おっと、そういえば。
倉下さんの本を探すのを忘れていました。


ということで4Fコンピューターコーナーへ。


携帯電話棚に大量のEvernote本が。


そしてここに表紙が見えるように陳列されていました。

EVERNOTE「超」仕事術
EVERNOTE「超」仕事術

posted with amazlet at 10.12.24
倉下忠憲
シーアンドアール研究所
売り上げランキング: 10998

あとがき

ということで、今回は気になっていたMARUZENジュンク堂に行ってきました!

広さはしっかり確保しつつ、無駄に広すぎないので目的の本までの移動は非常に楽ですね。
あと、やっぱりAmazonにはない、リアル書店の強みは、「立ち読みできる」ということにつきそうです。
いろんな本に目を通してみて、本当に自分に合いそうな本を探せる、というのは大きな利点だと思います。

これからは、Amazonで買うよりジュンク堂で買うことも増えるかもしれません。

スロジョグ記録

6km走った!と言いながら序盤は歩きでした。

最近足の痛みを感じるようになってきました。走り方がまずいのかも。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL