iPhone用アプリ「BlogPress」はBloggerユーザーのモバイルブログ決定版アプリに変わっていた

実は、今まではあまり使い物にならなかったアプリです。
パーションアップの末、かなり使えるアプリに変身していたのでエントリしておきます。

つい先日、どうしても外出中にフォトログを書きたくなった時のこと。

メール投稿での投稿を考えたのですが、非常に効率が悪い。

そこで、物は試しと一年前に購入したBlogPressを起動してみました。


起動してみると、かなりシンプルなUIが顔を出します。


以前から変わらぬUI。
前と変わらず単機能なイメージでした。

ところが、編集をしようとして印象が変わります。

新しいボタンの存在が僕を驚かせる


右上に、以前見たときにはなかったボタンが二つ出ているのです。

左のボタンは「HTMLタグ挿入ボタン」で、右のボタンは「メディア挿入ボタン」です。

HTMLタグも挿入が簡単


「HTMLタグ挿入ボタン」を押すと、上の様な画面が出てきます。
必要に応じて、タグを挿入するのも簡単になっていました。

メディアの挿入も簡単


「メディア挿入ボタン」を押すと、カメラやメディアライブラリからブログエントリに直接挿入できます。

わざわざどこかにアップロードして…と考える必要はありません。

また、YouTubeアカウントを持っていれば、動画も挿入可能!

まさかそこまで出来るとは思っていませんでした。

保存も多種多様。ローカルプレビューも。


編集完了後、保存時は上の様なメニューが出てきます。
それぞれ簡単に説明すると、

「即時公開」はその名の通り、今すぐにエントリを公開するものです。

「ローカル下書きを保存」は、iPhone上にのみエントリ内容を保存する、というもの。

「オンライン下書きを保存」は、オンラインにエントリ内容を保存し、Bloggerからも編集可能な下書きとして保存するものです。

「保存と新規投稿」は、いったんローカルにエントリを保存して、新しいエントリを書き出せるようになります。

「破棄」はその名前通り、エントリを破棄してしまいます。


「保存してプレビューでは」はわかりにくいですが、どうやらローカル下書きを保存後、iPhone上で簡易プレピューができる機能のようです。

複数アカウントも設定可能&写真アップロードにはFrickrも指定できる!


ブログは複数管理が可能。
そして写真のアップロード先は、PicasaだけでなくFlickrも指定できます。

Flickrの有料アカウント所有者は、容量無制限のFlickrを活用できますね。

自分はこう使う。

自分はこのアプリ、写真を撮りながらブログエントリを書きたい時に使います。

例えば、イベントレポート。

写真だけ撮っておいて、あとで文字を追加するという方法もあるにはありますが、やはり現地で感じたことはその場で書いたほうが臨場感があります。

その他にも、どうしても外出時にiPhoneでブログエントリを書きたくなった時にも、活躍してくれそうですね。

気になる機能


その他にも気になる機能として、位置情報挿入とTwitter&Facebook連携機能がありますね。

Twitter&Facebookは、投稿後自動で連携するようなWebサービスを使っているので試せてはいませんが、位置情報挿入はどの様な挙動になるのか、一度試してみたいものです。

あと一息なところ

個人的な要望なのですが、タグの種類がすこし少ないかなと感じました。
僕自身、H1タグを多用するので入力がかなり手間に。

ただこれも、BlogPressにはTextExpanderとの連携機能があるようなので、TextExpanderを用意すればあっさりと解決する問題なのかもしれません。

iPhone版BlogPressから送信

今日紹介したアプリ

BlogPress – CLT Studio

TextExpander – SmileOnMyMac, LLC

あとがき

ということで、今回は簡単にBlogPressについてご紹介いたしました。
このアプリ、写真とテキストを挿入していくタイプのエントリだとかなり活躍してくれそうな予感です。

今後も、またイベント等あったらどんどんレポートを書いていこうと思います。

スロジョグ記録

水曜日は5キロを40分程度かけて。
木曜日はお休みにしました。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL