デザインは「観察」からはじまる。ライフハックも「観察」からはじめる。

デザインのスタートは観察から

深澤直人氏の、デザイナーを対象とした教育プログラム。
その中に、「コーヒーにミルクを入れる」行為を観察するワークショップがあるそうです。

  • 二人一組でお互いの「コーヒーにミルクを入れる」行動を観察
  • それらを通して、発見をお互いに報告しあう。
  • 気づいた点をホワイトボードに集めていく。

ただこれだけなのですが、このワークを通じて多くの発見があるそうです。

「ワークショップは、まずオブザベーション(観察)から始めます。たとえば、コーヒーにミルクを入れる行為について、二人一組で互いに観察し、発見したことを報告してもらう。ミルクの入ったプラスティックの容器をどう開いて、どう注ぎ、注ぎ終えたものをどこに置くか。とても短くてシンプルな行為だから、下手をすると何も発見されない場合もある。それでも、ミルクの容器をコーヒーに浸す人がいたり、シュガースティックの袋をたたんで容器にしまう人がいたりする。」via: 自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

行動は十人十色。一人ひとりちがうのです。
ただ、コーヒーにミルクを入れるだけの行為ですが、それでもホワイトボードにいっぱいになるほどの発見が集まるそうで。
深沢直人氏のワークショップの面白いところは、「体験できる物事を通じて、デザインをより良いものにする」点。
彼は、こういった観察を通じて問題点を発見し、それに対して新しいデザインを作っていくそうです。

ここで、改めてデザインを考えてみる

そもそも、デザインとはどういう意味なのか。
Wikipediaで素晴らしい表現がありましたので、引用します。

デザインとは、日本語では「設計」にあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきたが、それだけに限らず、人間の行為(その多くは目的を持つ)をより良いかたちで適えるための「計画」である。via: デザイン – Wikipedia

もうこれ以上無いぐらいに端的に表現されていますね。
「人間の行動をより快適に(より楽しく)するために考えること」
デザインとは、見た目を考え、オシャレにつくることと捉えられることが多いです。
それも一つではありますが、それよりも大切な事は、そのものがどう使われ、どう機能するかということ。
深澤直人氏のワークショップは、まさにデザインのスタート部なわけです。

何かの「行動」をより良く改め直すには、まず観察が必要

この「デザイン」は、物事だけではなく、人間の行動それ自体にも言えそうです。
日々、同じ生活をするのでは、偶然をのぞいて毎日同じような結果しか出ないでしょう。
しかし、その生活をまず観察、そこ行動に対して疑問や問題を発見することができるなら、日々の生活をより良く「デザイン」できそうです。

どうやって行動を観察する?

では実際に観察をするにはどうすればいいのでしょうか。
パッと思いつくもので、以下のような3点が挙げられるかと思います。

  • 自分の行動を録画する
  • 多くの人の行動を見る
  • 行動のログを残す

自分で録画してそれを見返す

動画が取れる携帯電話が当たり前になった今、これが非現実的な方法ではなくなってきました。
自分の行動を録画しておき、それをあとで見返し、自分の行動を反省するのです。
しかし、実際のところ、自分を撮りながら行動するというのはそれだけでかなり面倒そうです。
誰かに撮ってもらう、という方法もなくはないですが、撮っている人もそれにかかりっきりになってしまいます。
普段、自分の行動を見返したい時にはこの案は難しそうですね。

多くの人の行動を見る

似たようなことをしている人、もしくは目標としている人を観察するのもいい方法です。
自分なりに観察し、改善できる点を自分の行動に反映させていくことで自分の行動をより良くすることが出来ます。
そのためには、観察することができる、観察したいと思える人を探す必要があります。
身近なところで会社の上司、仕事上のパートナーも考えられるでしょう。
尊敬している人に会って話をしてみるのもひとつの手かもしれません。

行動のログを残す

自分一人で、自分の行動をじっくり観察することはなかなか難しいです。
ですが、どういった行動をとったのか。それを自分で見返すことはできるはず。
今一部で話題になっている「ライフログ」は、自分を観察するための道具として利用することができるのです。
自分がどういう行動をして、どういったものを好んでいるのか。
どの場所が好きで、どういった交通手段を使って移動しているのか。
もちろん、ログを取りたいものと取りたくないものがあるかもしれませんが、それ自体も観察対象になりますよね。
何故それをログにして取りたいのか。逆にそれをログにしたくないのはなぜか。
行動のみならず、思考も観察対象になりそうですね。

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)
西村 佳哲
筑摩書房
売り上げランキング: 14199

あとがき

ということで、これから実際にログを取る方法を模索していこうと思っています。
「シゴタノ」さんが公表されている「タスクシュート」というツールがまさにこれなんですが、いかんせんPCに張り付いていないといけない点と、僕のMacでは動かないというところが難点だったりします。

とりあえず、紙に書いていこうかな…。

スロジョグ記録

昨日はちょっと走れませんでした。

ちょっと最近継続に陰りがでてきましたね。
ここいらで何か考えないと。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL