パートナーががMacbook Air購入に至ったメモ

パートナーがMacBookAirを購入した。

今までかたくなにMac否定派だった僕のパートナー。
それまでMacが嫌だった理由は

  • UIに慣れない
  • 自分の使いたいツールがない
  • AAが綺麗に見られない

というもの。

今回、それを超えるほどの何かがあったのかと聞いてみたら、

  • 何かをやろうとしてPCを立ち上げても、いつのまにかやりたい欲求が落ち着いている
  • 外出中にモチベーションが上がってきても、モバイル端末がないのでどうしようもなくなる
  • いつも僕が使っているMacbook Airを見て、思い立ったときにさっと使えるMacがいい

と思ったそうだ。

PCからMacに移るリスクについて改めて説明したところ、それでも、「やっぱり自分の瞬発力を無駄にしたくない。思いついたときに開いてすぐ使えるMacbook Air が一番いい」ということで、購入に至ったのだった。

ちなみに、買おうと思ったきっかけは佐々木正悟さんの本のようで。
こちらの本を読んで、「買おう」と思い立ったそうな。

いつも先送りするあなたがすぐやる人になる50の方法
佐々木 正悟
中経出版
売り上げランキング: 4771

そういえば、佐々木さんはMacbook Airを少し気にされていたけれど、結局購入せずじまいなのだろうか。

Macbook Air、やっぱりイイです。
開けばその「瞬間!」からそこが自分のデスクみたいな感じです。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL