最近の読書の話をしようと思う

最近ちょっと本を読む量が増えてきた気がする。

ここいらで現状を把握するために読書について一度書きだしてみる。

本を差分で読む

最近、同じジャンルでテーマも近い本を連続して読んだ。
自分の中で得られる部分が多く、気づきのありそうな所に付箋を貼りながら読み進めた。
そこで気になったのが、一冊目はたくさん付箋が貼られていて、二冊目にはあまり付箋が貼られていないこと。
同じような本を読んでいるから、かぶっている内容も結構ある。
1冊目では「いいな」と思い付箋を貼った内容は、同じものが2冊目に出てきてもそちらでは貼らない。
ということで、相対的に1冊目より2冊目のほうが付箋が少なくなるのだ。
ちなみに、付箋が多いほうがいいかと問われると、実はそうでもない事に気づいた。
むしろ、付箋は少ないほうが、より「その本らしさ」の出ているところにマークできる。本を見る目が洗練されているようだ。

読書のペースについて

最近じっくり本を読むことが多いのだけれど、ペースは色々と変えてみるのもいいかもしれない。
さっと読むとき。腰をすえて読むとき。切り替えてみる。
本の書き方によっても変える必要がありそうだ。
装飾が多い本であれば飛ばしながら読んでも内容の拾い漏れは少なそうだが、装飾の少ない本の場合はそれこそゆっくりじっくり読まないと拾い漏れがでてきそう。
そもそも、全部を拾おうとすること自体が欲張りなのかもしれないけれど。
1500円に対してわりと敏感に、貧乏性になっているのかなと考えることもある。
とりあえず一度目はサーっと読んで、付箋を貼って一旦読んだことにするのもありかもしれない。
二度目にはメモをとるんだから、その時には必ずしっかり読み直すだろうし。

読書メモはどう残すか

読書メモを残すとき、いつもどうしようか考える。
本文をそのまま引用するのか、自分なりに解釈してメモをとるのか。
自分なりに解釈してメモを取る方が、自分のフィルターを通しての内容になるのであとで見返して面白い。
ただ、やはり本文からのニュアンスを大事にしたいときは引用したほうがあとで活用できそうな気もする。
と、色々考えると、メモを取る時にも若干の迷いが出てくるんだよなぁ。
自分の解釈をメモするか、そのまま引用するかをはっきりと決めておく方がいいのか。
もしくは、第3の選択肢として、メモを取る時に考える習慣をつけて瞬発的に判断できるように鍛えるほうがいいのか。
…時間はかかるけど、第3の選択肢でやってみるのが自分らしくていいかもしれない。

あとがき

とはいいつつも、未読の本の量が半端無くなっているのは事実。
そろそろどうにかしていかないとな〜。

ちょっと1回目のスピードをあげる努力をしてみようかな。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL