iPhone版EvernoteはEvernoteに撮り貯めた写真の見返しに便利。

この一週間、すごい勢いで写真を撮り続けている。
通った駅から食べた物、面白いオブジェかと思えば当たり前の風景まで何でもかんでも撮り続けている。

そうして貯めた写真は、デジカメだったらEye-Fi経由で、iPhoneだったらFastEver Snapで全てEvernoteに転送している。

どちらも、位置情報付き。

こうしておくと、Evernoteアプリが素晴らしいライフアルバムに。

1000002649

Evernoteは(特にVersion4になって)サムネイル表示が独特になった。
お陰で、後で見返すときに非常に手軽。時系列にサーっと見返して、気になる写真をゆっくりみる、なんてことも簡単。

Eye-Fiから転送された写真は、自動で「Eye-Fi」タグが付いている。
このタグをたどれば、写真に特化して見ることができる。
(ちなみにFastever Snapからの写真もこのタグを付与している。)

位置情報を付与しているので、地図から写真を楽しむことも可能だ。
これが思った以上に楽しい。
今はまだまだ少ないが、旅行をしていろんなところで写真を取っていけば、それだけで自分が行った記録を残せる。

1000002650

Foursquareのように意識してチェックインしなくてもいい、自分だけのチェックイン機能。しかも、イメージつき。

いいね。こんな使い方。

これからも、毎年アルバムを買い足すようなゆるい気持ちでEvernoteのプレミアムを継続していくことになりそうだ。

あとがき

もしかすると新しいガジェットが手に入るかも…今日。

運動記録

徒歩帰宅!

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL