Evernoteにファイルを保存するためのパイプ役「Evernote Folder Action」

今日はいろんなファイルをEvernoteに取り込んでくれる「Evernote Folder Action」のご紹介。

「Evernote Folder Action」とは、フォルダ内に保存したファイルを自動でEvernoteにとり込み、ファイルを削除してくれるMac用Apple Sctriptだ。

これをつくっておけば、あとはそのフォルダにファイルをドラッグアンドドロップするだけでどんどんEvernoteに保存できる。

僕の運用は以下のようなものだ。

* デスクトップに作業用ファイルを置いておく
* 一日が終わったら、作業終了したファイルは(Evernote Folder Action設定済みフォルダに移動して)Evernoteに取り込む
* その他のファイルは適当な場所に保存する。

とりあえず、使うか使わないかわからないファイルをEvernoteに転送しておく。
もし必要だった場合、あとでEvernoteから取り出して利用、という運用になっている。

こちらのページが参考になりそうだ。
“Evernote Dropbox”: ファイルやスキャンした文書をEvernoteに素早く保存! | Veritrope

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL