一位より一意を目指す

一位になることを意識するよりも、どれだけ一意になれるのか、どれだけ一意になっているのか、を意識してみる。すでに数多くの物が存在しているが、同じものを作ろうとしても、ひとつひとつ必ず何かが違ってくる。ポイントは、生み出した物に対して何が違っているのかをはっきりと見出すこと。その違いが新しいものを生み出し、新しい市場を生み出していく。…という仮説です。
証明はのちのち。

あとがき

またも雑記に。
ちなみに、こちらのエントリを読んでいる途中で思いついたエントリタイトルでした。
「思考の深さと、志の高さは比例する」 | ぴろきちウェブ

運動記録

往復20分の徒歩!

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL