【iPhoneスキャナアプリ比較】第二回 – 出力ファイルの形式を比較してみる

今連載もついに第二回目となりました。今回は出力ファイルの形式を比較してみましょう。
とは書いてみたものの、調べてみるとどうもみんな同じような…。
ま、気にせず行ってみましょう。

DocScannerの場合

1000005501
DocScanner App (¥600)の場合、出力ファイル形式はPDFとJPGみたいです。
1000005502
PDFはもちろん、複数ベージをJPG化し、カメラロールへ一括出力する機能もついています。

JotNot Scannerの場合

1000005499
JotNot Scanner App (¥115)の場合も、出力ファイル形式はPDFとJPGのようです。
1000005500
PDFでの複数ページ一括出力には対応していますが、JPGは一枚一枚カメラロールに保存していかないといけない様子。
ちょっと面倒ですね。

CamScanner+の場合

1000005497
CamScanner+ App (¥600)でも、出力ファイル形式はPDFとJPG。これで全てのアプリの出力形式が同じであることが発覚しました。
1000005498
ただ、PDFからの複数ページ一括出力には対応しているものの、JPGでのカメラロール保存は一枚一枚になるみたいです。
これに関してはJotNot Scannerと同じ結果になってしまいましたね。

総括

今回はあまり面白くない比較になってしまいました。ある意味一番基本になるところですので、やはり各種アプリとも最低限は実装している、という感じでしょうか。
今回も一覧表を作っておきますね。
NewImage
DocScannerはJPGで一括保存する際には便利、他の2アプリはPDFで保存する際には便利といったところでしょうか。
これも使いどころが変わってくる所であることは間違いなさそうです。
DocScanner App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600
 
JotNot Scanner App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥115
 
CamScanner+ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥600
 

バックナンバー

準備回 – スキャナアプリを買う前にちょっと待って!JotNotScannerとDocScannerとCamScannerを比較してみようと思う。
第一回 – 範囲指定のUI、自動範囲指定の精度を比較してみる

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL