【土用の】これぞ究極の「家庭の味」!格安だけどメチャうまな「コクウマ挽肉カレー」を作ってみる。【ウシの日だった】

Kare
町へ出かけると、多くの「カレー屋さん」が存在しています。
外で食べるカレーは、辛くて、本格的なものが多く、僕も大好きなのですが、それとはまた別次元で「おうちカレー」も大好きだったりします。
大好きな「おうちカレー」を極めるため、いろいろと試行錯誤を繰り返していたのですが、最近ようやく僕満足のいく「おうちカレー」を作れるようになりました。
(このレシピのせいで、最近、自宅でのカレー担当は僕になっています。)
昨日は土用の丑の日でしたし、せっかくなので今回はこのカレーのレシピを公開したいと思います。刮目せよ!

材料(10~12皿分)

ジャワカレー(我が家では辛口):一箱(9皿分)
タマネギ:4玉
合い挽きミンチ:1kg
水:1300ml
その他お好みで入れたいもの
1000002652
近所のスーパーでは合い挽きミンチが1kgで580円(タイムセール価格)でした。安すぎる…。
で、今回の追加具材は
1000002653
しめじにしました!
そのほかジャガイモ、にんじんなんかもお好みで入れてもおいしいかもしれませんね。
ただ、ジャガイモを入れるとこの時期腐りやすくなるかも…注意!

早速つくってみよう!

ということで、早速調理開始です。
1000002654
タマネギの皮をむきます。
1000002655
次にタマネギの頭を切って…
1000002656
タマネギをおろしていきます。3玉分。
1000002657
ひたすらガリガリ。目が痛くなることもありますが、人としては正常な反応です。
1000002658
タマネギおろしが完成。
1000002659
これを耐熱皿に入れ、レンジにIN!
1000002660
500Wで5分間加熱します。
1000002661
さて、つぎに残ったタマネギ1玉をくし切りにします。
1000002662
おまけのシメジも洗ってばらしました。
1000002663
と、やっているそばからおろしタマネギの加熱が完了。
1000002664
油をしいて加熱していたアルミ鍋にすべて投入します。
1000002665
じっくり焼いて、ほんのり飴色になってきたら…
1000002666
残りのタマネギを投入!
1000002667
ミンチ肉も投入!
1000002668
すこーし焼けてきたので…
1000002669
シメジも投入!
1000002671
ええ感じに焼けてきました。
1000002670
ここでパッケを確認。だいたいパッケ通りに進んでいますね。
1000002672
水を1300ml投入!
1000002673
これを沸騰させます。
1000002674
すると、アクがでてきますので
1000002675
これを丹念にとっていきましょう。
1000002676
ついでに表面に浮いている油もとっていった方がいいです。後で残しておくとちょっと脂っこいカレーになってしまいますよ。
1000002678
この後、中火で15分程度加熱します。
1000002679
で、こちらに加熱済みの鍋を用意しております。だいぶんいい感じになってきました。
1000002680
いったん火を止めてカレールウを表面上に置いていきます。バランスよく置きましょう。
1000002681
火を止めたまま、おたまをぐーるぐーる。
1000002682
ぐるぐる!
1000002683
グルーン!!!
1000002684
しっかり混ぜたのでルウも完全に溶けてくれたようです。 では、さらにここから弱火で10分程度に込んだものをご用意いたしました。
1000002685
これで完成!なかなかいい感じの香りです。
1000002686
お皿に盛りつけて、召し上がれ。

今回のポイント

ということで、今回のポイントを改めてお伝えします。
一つ目は、具は基本的にタマネギと挽肉だけでいいということ 二つ目は、「ジャワカレー」のルウを使うこと 三つ目は、具材はふんだんにつかうこと
あとはパッケージの通りにつくってやるだけで、かなりおいしいカレーができます。
挽肉で作ることで、お肉の味がしっかりとカレーに出ていて美味しいんです。
さらに、おろしタマネギをしっかり加熱することでカレーにコクを生み出します。
入れているものはシンプルですが、意外と侮れないこのカレー。
是非ぜひ、一度お試しあれ。

購読しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする