Macでブログを書くときに重宝するツールたち

BLOG白キーボード - 写真素材
Mac移行時、個人的に一番困ったのが、ブログをどう書くか、という点でした。
以前はエディタだけつかって、Markdownでせっせと記述、Flickrから一つ一つ写真を貼り付けるというとてつもない手間をかけていたのですが、今はMacのツールを活用し非常にカンタンにエントリできるようになりました。
今日は、僕にとっての必須ツールを4つご紹介しましょう。

エディタ

ブログを書く際、まず文章を書く必要があります。文章を書くには、使いやすいエディタが必須です。

CotEditor

まず一つ目がこちら。CotEditor。
Fullscreen
ブログの下書きに使ったり、HTMLを編集するときに使ったり。
機能は最低限のシンプルなものですが、コードのカラーリング機能など、かゆいところに手が届くのがポイントです。
CotEditor プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP

CotEditorのダウンロードはこちらから。

MarsEdit

次にご紹介するのが、こちら。MarsEditです。
MarsEdit
僕のブログの起点になり、仕上げまでサポートしてくれるツールです。
テキストの装飾はもちろん、画像の挿入機能が充実しているのが大きなポイント。
Media Manager
Flickrにあげた写真を、MediaManager経由で添付できます。
これのお陰で、Flickrを写真やスクリーンキャプチャのアーカイブ先として活用できるんですよね。

MarsEdit (Version 3.3.1) App
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
価格:¥3,450 (価格は掲載時のものです)
デベロッパ名:Red Sweater Software
リリース日:2010/12/15
対応デバイス:無し
iPhone iPhone



画像編集

ブログにとって、イメージ画像はなくてはならないものになってきています。
イメージがあるものとないものでは読みやすさに差が出てきます。
そんなブログ用のイメージを加工するのに最適なツール2種をご紹介しましょう。

Pixelmator

ひとつめはこちら。PixelMatorです。
このツールで、写真、イメージの加工を行います。
Fullscreen
写真の一部にモザイクをかけたり、細かく明るさ調整したりと様々なシチュエーションで大活躍です。

Pixelmator (Version 1.6.7) App
カテゴリ:グラフィック&デザイン
価格:¥2,600 (価格は掲載時のものです)
デベロッパ名:Pixelmator Team
リリース日:2011/01/05
対応デバイス:無し
iPhone iPhone



Skitch

ちょっと手間な編集機能をカンタンに実現するのが、この「Skitch」です。
スクリーンショット 2011-07-27 21.42.53
ブログのイメージ加工で欲しかった、矢印の追加文字の追加ハイライト等々が、本当に簡単にできるんです。
あともう一つ。Skitchは画像の保存先にFlickrを使えるのもポイント。
Pixelmatorで編集した写真をSkitchで開き、Flickrにあげるなんて使い方も。
ちなみに…SkitchはLite版とPlus版があります。
Lite版でも基本的な編集は可能です。もし利用していて物足りない部分が出てきたらPlus版にアップグレードするといいでしょう。

Skitch (Version 1.0.6) App
カテゴリ:仕事効率化
価格:¥1,700 (価格は掲載時のものです)
デベロッパ名:Skitch
リリース日:2011/04/09
対応デバイス:無し
iPhone iPhone


Lite版はこちらからダウンロード。
Skitch – Fast screen capture, image editing and sharing!

Skitch公式サイトです

いかがでしたでしょうか。

改めて見てみると、有料ツールが4つ中3つという、かなり有料ツールが占める結果になってしまいました。
考えてみると、これもMacAppStore経由で購入しやすいから、という部分もあるのかもしれません。
素材提供:(c) bwinds画像素材 PIXTA

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL