Google ChromeがOSX Lion対応。フルスクリーンや二本指スクロールでの戻る/進むが可能に。

Google ChromeがOSX Lionに対応し、フルスクリーン表示や二本指スクロールに対応したようです。
今朝「Google Chromeについて」を見てみると、こんな表示に。
Google Chrome について
Ver.14にアップデートされているではないですか。
ということで、早速再起動し、新機能であるフルスクリーン表示と二本指スクロールを早速試してみました。

フルスクリーンで、ブラウジングとほかの作業を完全分離できる

まずはフルスクリーン化してみました。
google - Google 検索
ウインドウ右上のボタンをクリックすると、フルスクリーン表示に。
Fullscreen
Mission Controlでもきちんと独立表示されています。
Fullscreen
フルスクリーン時、さらにウインドウ右上のボタンをクリックすると…
Fullscreen
今度はツールバーも非表示になります。
これで、ブラウジングに集中(?)できそうですね。

二本指スクロールで戻ってみる

次に二本指スクロールを試してみましょう。
二本指スクロールは、トラックパッドの設定を事前に変えておかないと利用できません。
トラックパッド
ということで、前もって設定を変えておきましょう。
設定を変更できたら、じっさいにやってみます。
今回は、わかりやすく(?)YahooからGoogleに戻ってみましょう。
Fullscreen
二本指でスクロールします。
Fullscreen
すると、元のページへ。
戻りたいときは右にスクロール、進みたいときは左にスクロール。
本のページをめくる感覚になっていますね。
なお、Safariでの同ジェスチャだと本当にページがめくられるようなアニメーションが表示されるのですが、Chromeではまだ実現出来ていない様子。
これは、今後に期待したいところですね。

ようやくフルスクリーンに対応してくれて、作業の分離が可能に

Lion対応、まだかまだかと多くの人に待ち望まれていましたが、ようやくリリースされましたね。
今回は特に、「フルスクリーン」のお陰で作業の分離が簡単になりそうです。
作業中はブラウザを表示せず、必要なときだけ4本指スワイプで表示させる。 で、調べ終わったらまた4本指スワイプで元のスクリーンに戻る、という事ができるわけですね。
これで、作業中にブラウザを横目で見てしまってついつい作業から離れてしまう、なんてことも少なくなるかも。

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL