思い立ったときにすぐにEvernoteに記録できるアプリ5つ

メモで一番重要なのが「思い立ったときに記録できるか」ということ。
特に、Evernoteでメモを管理したいと思うと、これはかなり重要なポイントとなってくる。
今日は、思い立ったときにさっとメモを入力できるEvernoteアプリを5種ご紹介。
FastEver App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170 (価格は掲載時のものです)

定番中の定番。Fastever。
出来ることは至ってシンプル。
テキストを入力し、Evernoteに送信する。
一行目に入力した文字列が自動的にタイトルになり、新しいノートがどんどん作成されていく。
後で編集は出来ない。
PostEver – 1日分のメモが1つのEvernoteノートに App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170 (価格は掲載時のものです)

これも結構定番。PostEver。
fasteverとの違いは、「一日分の送信を一つのノートにまとめるPostEverエンジン」が搭載されている点。
テキストを入力すると、日付も自動で挿入できる。
カスタマイズも豊富。
改行と送信ボタンを入れ替えることも出来るので、入力→送信→入力→送信、がスムーズに行えるのも特徴か。
これをずっと使っていると一人ツイッターみたいなことも出来る。
Tap2Ever – Evernoteのノート作成をさらに手軽に App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥170 (価格は掲載時のものです)

Tap2Ever。これは今日導入した。
で、ほかのEvernote投稿アプリにはない機能があって驚いた。
Tap2Everで作成したノートを再度編集できるのだ。
入力後、ちょこっと編集したい、と思ったときに、Evernoteアプリを起動しなくていい。
これは大きい。
ただ、問題も残っている。
入力したメモをほかのアプリで編集すると、編集できなくなってしまうのだ。
もう一つ問題がある。
開発元のサイトが見つからないのだ。
もしかすると、今後はバージョンアップは望めないかもしれない。
しかし、それを補って余りあるUIの出来と「後で編集可能」という魅力。 Free版も用意されているので、使ってみるといいかもしれない。
ATOK Pad App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,200 (価格は掲載時のものです)

言わずと知れた有名IMEソフト「ATOK」をiPhoneでも使えるようにしたアプリ。
だけれども、Evernoteの連携機能も備えている。
Evernoteに保存したノートを編集したり、Evernoteで編集されたノートの変更点も取り込むことが出来るのでかなり重宝している。 しいて言うなら、ATOKのフリック入力モードは標準のフリック入力と微妙に違いがあるため、どちらかに慣れるともう一方が使いにくくなるのが残念。
今はIME機能よりEvernote連携機能のためにこのアプリを使うことが多い。 …理想を言えば、このアプリのEvernote連携機能だけが実装されたアプリがあると喜んで買いそうだ。
Egretlist App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥250 (価格は掲載時のものです)

最後にご紹介するのはこれ。Egretlist。
これは、TODOアイテムを簡単に追加できるアプリ。
そして、僕が今一番活用しているのがこのアプリだ。
「気づきはすべて後の行動の元である」と考え、気づいた事や思いついたことはまずココに入力。
あとでリストを確認して、資料であれば別のノートに移動、タスクであれば実行し、完了したらチェックボックスをONに。
はじめにちょっと特殊なUIに慣れる必要があるが、それを超えると「TODOアイテムの入力も素早く入力が可能」で「後でTODOアイテムのみ見返す」のも簡単に。

番外編

EverDraw App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥85 (価格は掲載時のものです)

手書きメモ+メモをEvernoteに転送できるアプリ。
まだまだ発展途上な雰囲気は残っているものの、手書きメモのEvernote送信専用アプリはiPhoneではまだ開発されていないので、今後に期待が持てる。

お知らせ。神戸にて今月末にEvernoteセミナーをやります。

【イベント告知】10/29 「新井ユウコ[いまの5倍楽しくなるEVERNOTEラクラク情報記録術]出版記念セミナー」の前座で喋ります。 | 想造ノート
前座として参加予定です。よろしくお願いします。

購読しよう!