Evernote Helloは「相手が名刺をもっていない時」に特に威力を発揮するコミュニケーションツールだ

これからは、名刺は渡すだけでよくなるかも。
hello-banner.png
IMAGE :© 2011 Evernote Corporation. All Rights Reserved.
いや、実際に昨日使ってみて感じたんですけれど、これかなり強力ですよ。
何が強力って、確実に相手と会ったことを記録できるんですよ。
相手が名刺をもっていなくても、です。
新アプリ Evernote Hello で人を覚えるのが楽に « Evernote日本語版ブログ

オフ会に参加するとき、自分がオフ会用名刺を渡す。
でも相手がもっているとは限らない…よくある話です。
そんなときにこのアプリで、名前と顔写真、連絡先情報を本人に入力してもらいましょう。
もちろん、相手が教えたくないと思う情報は入れなくてOK。
(そもそも顔と名前を一致させることが目的な訳ですからね)
名刺がなくてもちゃんと覚えられますし、「自分が用意しておけば解決する」というこの方向性も素敵です。

Evernote Helloを使うときにまず準備すること

相手の名前を教えてもらうために、最低限これぐらいは設定しておきたいと思う点を書いておきます。

  • 自分の情報を入力しておく
  • Greeting Message と Thank You Messageを入力しておく

あとは、「+」ボタンを押してから相手にiPhoneを渡すだけ。

準備をしておけば、実際にどうなるのか。

Greeting Message と Thank You Messageを入力しておけば、相手にはこんな感じで見える訳ですね。
20111215113606
ちなみに、連絡先情報を入力してくれた方にはThank You Messageが表示されます。
20111215113712
登録された情報は、Evernote Helloで見返すこともできますし、Evernoteで見ることもできます。
ちなみにEvernoteで作られたノートはこんな感じです。
スクリーンショット 2011 12 15 11 52 52
なんだか、人に会うのが楽しみになるアプリですね。これはガンガン使っていきたい所です。

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL