【イベント告知】知恵と知恵の融合を体験できる「ワールドカフェ」という対話の手法

来月の頭、大阪・西中島南方にてイベントを開催することになりました。
Cloudtask lhcafe01
シゴタノメンバーの一人で、先日「クラウド時代のタスク管理の技術」を出版された佐々木正悟さんが大阪にこられます!

ということで、今回はセミナーのお手伝いをさせていただくことになりました。
ついでと言っては何ですが、一緒にライフハックカフェも開催させていただくことに。
お申込みはこちら
クラウドタスク管理術セミナーの説明は佐々木さんにお任せするかわりに、ライフハックカフェでどういったことをするのかをまとめておきます。

ワールドカフェ形式でのワークショップ

今回も、前回に引き続きワールドカフェ形式でのワークショップを行います。
今回のテーマは、「習慣化したいこと・できない理由」
これを、1組4人ずつにわかれて、リラックスした状態での雑談をおこなうのですが、そのリラックスした状態を造るための仕組みがあるのです。
前回のライフハックカフェで使ったスライドシートを使いながら説明します。

ワールドカフェとはいったいなんなのか

そもそも、ワールドカフェとはいったいなんなのでしょうか。
ライフハックカフェ セルフマネジメント 002 001
「ワールドカフェ」とは、さながらカフェで雑談をしているかのようにリラックスした状態で話し合いをして、新しいアイデアや発見を生み出すスタイルの「話し合いの手法」のことです。
ライフハックカフェ セルフマネジメント 003 001
皆さんも体験したことがあるのではないでしょうか。
デスクでずっと作業をしていても、新しいアイデアがわいてこず、行き詰まってしまったり。
そんなときにふとカフェに出てリラックスしたり、雑談をしていると突然新しいアイデアがわいてくる。
ワールドカフェは、そんな状況を意図的に作り出して、自由な発想ができる話し合いの場にすることを目的にした手法なのです。

他花受粉

ライフハックカフェ セルフマネジメント 004 001
「他花受粉」という言葉をご存知でしょうか。
ミツバチは、花から花へ、花粉を体につけて飛び回っています。
すると、花粉はどんどんいろんなところに広がることができます。
お陰で、異なる遺伝子が出会い、新たな種が生まれるきっかけになるのです。
実はこのワールドカフェ、この「他花受粉」に似たような概念を持っています。
自分が最初に話したテーブルでのアイデアが、この「他花受粉」のように、『どんどん他のテーブルへと拡がり、新たな発想が生み出される』ような仕組みになっているんです。

「ワールドカフェ」実際の進め方

ライフハックカフェ セルフマネジメント 005 004
では、実際の進め方を説明します。

基本的に、4人で座ってもらう

ワールドカフェでは、基本的に4人ずつで座ります。
4人より少なくなってしまうと、それぞれしゃべる時間が長くなりすぎて、お互いに十分に相手の話を聞くことに集中するのが難しくなっていきます。
逆に、4人より多くなってしまうと、お互いにしゃべる機会が少なくなってしまって、どうしても聞き手に回ることが多くなり、十分に自分の考えをいえなくなってしまうのです。
4人で話し合いをするのが、最も「話す」と「聞く」のバランスがいいそうです。

1ラウンド15分程度の会話を3回行う

1回あたり大体15分の会話を行ないます。
これをワンラウンドと呼ぶのですが、このラウンドを3回行ないます。
ちなみに、1ラウンド目、2ラウンド目、3ラウンド目と席を移動してもらいます。
移動の方法は後ほど詳しく説明します。

そのテーブルに紙を置いておく

テーブルの上に紙(模造紙・A4用紙など)を置いておきます。
この用紙、自由にメモしていただいてOKです。
ただ、書いたものは書いた人のものにはなりません。
その用紙はその席のものになります。
残った書き込みは、次にそこに座った人たちのアイデアの刺激になるのです。

ラウンドごとの席移動

では、最後にラウンドごとの席移動について説明します。

1ラウンド目:テーマの探求

1ラウンド目は、「テーマの探求」を行います。
この際、できるだけ普段話したことのない人同士、4人で1テーブルにまとまってもらいます。
ライフハックカフェ セルフマネジメント 006 001
これが基本の組み合わせになります。
ラウンド1では、この状態でテーマについて雑談をします。

2ラウンド目:より深く掘り進める

2ラウンド目は、「テーマの掘り進め」を行います。
先ほどのテーブルで、誰か一人は「テーブルマスター」として残ってもらい、それ以外の人にはほかのテーブルに移動してもらいます。
この際、テーブルに置かれている紙や、誰が座っていたのか、などを意識しながら新しい席を探しすことになります。
ライフハックカフェ セルフマネジメント 007 002
テーブルには、こんな感じでバラバラになります。
ラウンド2では、この状態で雑談をします。
このラウンドでは、先ほど自分のいたテーブルで話したことをふまえながら、そのテーブルで出てきた話題を深めていくことになります。

3ラウンド目:持ち帰る

3ラウンド目は、元いたテーブルに戻り、情報をシェアします。
ライフハックカフェ セルフマネジメント 006 001
2ラウンド目で話した新しい知識を元のテーブルに持ち帰り、それをシェアしながらより具体的な意見を出し合うことになるのですが、このときに面白い意見が出てくるのです。
最終的に、自分が得た情報やアイデア、気付きをまとめる。
これがワールドカフェの大まかな流れです。

ということで。

今回はイベントの告知・ワールドカフェについてまとめてみました。
ワールドカフェが気になっている、大阪周辺に住まれている方は、一緒に佐々木さんのセミナーを聴いて、そのあとはワールドカフェでいろんな意見の融合を楽しんでみませんか?
お申込みはこちら

ちなみに。

ちなみに僕が参考にしたサイトはこちら。
YLOG : 【詳しいやり方が分かる】ワールドカフェ実践マニュアル

具体的な進め方がまとめられているので非常に参考になります。

購読しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする