「コピーから編集」がたったの1秒 click.toとSkitchを連携するとSkitchの「瞬発力」がグンとあがる(for Mac)

0271
Macでclick.to、いろいろと便利に使ってます。
click.to App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(価格は掲載時のものです)

というより、最近これが当たり前になりつつあって、なくなったことを考えるとちょっと怖いぐらい。
今日は、そんなclick.toと、注釈入力アプリで有名なSkitchの便利な連携をご紹介します。
Skitch App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(価格は掲載時のものです)

何はともあれ設定方法

まずはclick.toの設定を行います。
click.toのアイコンをクリックし、Preferenceを選択。
Settingsウインドウを表示させます。
Settingsここで、アプリケーションを追加するため、左下の[+]ボタンをクリックします。
すると、出てくるのが「New Action」ウインドウ。
New Action今回は、Skitchアプリと連携したいと思いますので、「Add App Action」を選択します。
次に出てくるのが、「Customized action」ウインドウ。
「Path to application」の右側にある[…]ボタンをクリックし、Skitchアプリを選択すると、自動的に下図のようにカスタマイズが行われます。 Customized action 1あとはOkボタンをクリックしましょう。
最後に、「Setting」ウインドウに戻ってきたら、一番下にある「Skitch」の左側チェックボックスをONに。 Settings 2 これで設定は完了です。

あとは、コピーしてみる

あとは、画像をコピーするとSkitchのアイコンが出てきます。
Fullscreen 1…ので、これをクリック。
スクリーンショット 2012 01 17 21 16 21 これだけで、画像をSkitchで編集できるようになります。

「コピーから編集」がホントに1秒で

ドラッグ&ドロップも必要なし。コピー・クリックで完了です。
Windowsでよく使っていた「コピー&ペースト」よりも手間が少ないです。
このclick.to、使い方や設定によってはもっと便利な方法もありそうですね。
もうちょっといろいろと試してみたいと思います。

追伸

click.to – One click to your favorite app
2012/01/19 8:55 現在、appstoreからダウンロードできないようです。今すぐ試したい方はこちらからダウンロードを。

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL