「気付いたこと」は「気付いたとき」にやるのが一番かたがつきやすい

0000
昔から、親に口酸っぱく言われていたことがあります。
「気付いたことはすぐにやれ」と。
0001
子供の頃は、それの意味があんまり分かってなくて、あとでやれば良いやーと先送り先送りしていたんですが、この頃になって痛感するのが、気付いたときが一番行動するチャンスなんだなということ。
0290
小さいことなのですが、僕の例を。
先日、山のような洗い物がキッチンにあったんです。
深夜の11時。そろそろ眠いし、寝ないといけないけれども、洗い物が残っているのも嫌だなと。 やるか、やるまいか。ちょっとした心の葛藤です。
0002
で、結局選んだのが「先送り」でした。
次の日、なぜか夫婦ともに体調不良。風邪気味の中でひいひい言いながら食器を洗い、かなり辛い一日になってしまいました。
幸いにも大事には至らなかったのですが、それでもこの一件は自分の身にしみました。
0003
僕が体験したことは小さなことだったのですが、改めて思ったのが気付いたときにしなければ一生できなくなるかもしれない、ということ。
大げさに思うかもしれませんが、大事になったらそれこそどうなるかわからない。
だからこそ、気付いたことは、その気付いた瞬間にやったほうがいいんですよね。
0004
もし、その気付いた瞬間に出来ないのであれば、あとで思い出せる何かに残しておく。
気付いたときに何らかのアクションを起こして、あとで思い出しやすくすることも大切かもしれません。
0011
っと、これを書いている途中に、しなければならない小さなことに気付きました。
今から早速片付けようと思います。

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL