Macbook Airの11インチと13インチには、目に見えない「越えられない壁」がある

Small big
こちらのエントリで、rashitaさんがMacbookAirの13インチに乗り換えた事についてまとめられています。
R-style » MacBookAirを新調&現状の画面構成
以前のMacbookAirが壊れて、新調されたそうです。11インチ→13インチに進化!でも、これが…
が、ちょっと引っかかる所があったようで。

11と13は当然液晶のサイズが違う。でもって本体のサイズも違う。それは、ほんのわずかな大きさの違いだ。
それが、10回に一回ぐらい「家に置いておこうかな」という気持ちを沸き立たせる。11の時は持ち出したくて仕方なかったのだが、13になるとほんのちょっぴりだけその気持ちに水が差される。もちろん、薄くて軽いことには違いない。その点は他のノートPCとは歴然の差がある。
でも、13だと「今日は置いておこうかな」とか「今は開かなくてもいいよな」という気分がごくごくわずかに出てくる。こういうのが気分的に引っかかってしまう。
via: R-style » MacBookAirを新調&現状の画面構成

そうなのです。11インチと13インチって、ちょっと違うのです。
いや、僕から言わせてもらうと、かなり違います

13インチは思っていたより大きくて重いし、11インチは思っていたより小さくて軽い。

確かに、解像度は高い!CPUは早いしSDカードも読める!けど…結構重いです。
ショルダーバッグに入れて持ち運びすると、痛感します。重いです。
僕は書類と一緒にMacbookAirをバッグに入れて30分の通勤をします。
13インチのときは、職場到着時には肩が凝っていました。
それが、11インチにしてから解消されたのです。
何故かわかりません。実質は270gの差です。
iPhone2台分の差しかないのに、この差がボディブローのように効いてくるんですよね…。
13インチのときは、必要のないときは家においていました。
それが、11インチに乗り換えてからは必要有る無し関係なく持ち運ぶようになりました。rashitaさんとは逆の現象が起こったのです。

小さくて不便を感じたか?

ちなみに、13インチから11インチに切り替えたとき、もっと不便さを感じるかと思っていましたが、ほとんど感じませんでした。
解像度も1366*768で十分ですし、トラックパッドも十分(4本指ジェスチャは手の大きい人には工夫を要しますが)。
ファンクションキーもそこまで違和感ありませんし、キーピッチに関してはどちらも同じです。
もちろん、これらは僕が体感したことなので、人によってはやっぱり11インチでは心もとない、と言う人もいるでしょう。
ですが、Airのメリットである「空気のように持ち運べる」点は11インチが圧倒的です。
AirをMacの母艦として使うのであれば、13インチは十分使いやすいデバイスです。僕も母艦として使っていたので保証します。
ですが、いつでもどこでもMacを使いたいのであれば、僕は11インチをオススメします。

Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A
Apple MacBook Air 1.6GHz Core i5/11.6/4G/128G/802.11n/BT/Thunderbolt MC969J/A

posted with amazlet at 12.01.24
アップル (2011-07-21)
売り上げランキング: 2359

 
ちなみに、Apple Online StoreでCPUをCore i7にカスタマイズできるそうですが、僕はオススメしません。
Core i7にすると、本体がかなりの温度まで発熱するそうです。

よほど用途が特殊でないなら、上記のモデルで十分かと。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL