Evernoteはやめて、DAY ONEベースでログを残してみる。 | デイリーもった ver.20120215

今日は、DAY ONEというアプリを使ってログを残してみようと思う。
DAY ONEとは、iPhone/iPad/Macに対応した、テキストログをまとめるアプリ。
写真や音声などはいっさい無く、テキストでの入力に特化している。
そのシンプルさからか、動作は非常にスムーズ。
Day One 1
特に、Mac版は秀逸で、簡単に入力できる機能や入力を催促してくれる機能(スヌーズ機能あり)などがあり、「すっかり忘れてた!」ってことや「面倒だから後で」ってパターンにきちんと対応してくれるのである。
Day One App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥850

上記はMac版、下記はiPhone/iPad版である。
Day One (Journal/Diary) App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: ¥170

最近はEvernoteもデータが大きくなりすぎて、動作が散漫になっていたところだった。
ちょっとの間、日常のログはDAY ONEで残していこうと思う。

どんな風に綴られるのか

以下は、ジャーナルからメール出力したものをコピペした。


0:06:45 JST

iPhone版でもすごくおしゃれ。 使いやすそうな予感。
入力画面も広々使えるし、かなり良さそう。
あとは気づいたことをどんどん入れるのみか。

0:14:58 JST

ここからまたエントリする。

0:15:12 JST

プラスをタッチでさらにどんどん追加できる!

7:33:40 JST

朝。起きる。

8:00:09 JST

書けと催促されるのも面白いな。これは。

8:16:15 JST

今日のツイート、掲載し出してから反応がちょこちょこ出ている。

9:24:43 JST

フォースクウェアを再開してみようかなどと考える。

9:26:00 JST

デイワンは完全に自分ツイッターと化している。

9:26:59 JST

テキストサイズは大きめがいいのか、小さめがいいのか。

9:51:51 JST

ショートカットキーで簡単に入力することも出来る!

10:07:16 JST

電源のICチップ組み込みは結構便利だよな。
ただ、外出時の電気料金が高くなるとか、テンションの下がることをされるとがっくりしそう。 是非、家庭と同じ料金で実現できることを望みたい。

10:08:47 JST

電源バー、てあればいいね。
イスと電源だけ用意されてて、いつでも使える。
で、時間貸し?時間300円くらい?
やや、やっぱり割にあわない。

10:13:44 JST

DAYONEが快適すぎてヤバい。
PC作業中でも快適にログれる。

12:10:36 JST

ようやく似顔絵も落ち着いてきたかもしれない。
そろそろ新しい一手を考えないと。
そうそう、メールマガジン作らないといけないかも。

14:05:41 JST

昼ご飯食べた。今日はサークルケーサンクスの塩ラーメン。

15:39:28 JST

ふじもなおのアトリエに1コマ漫画を掲載する、というのはどうだろうか。

15:57:45 JST

好きを仕事にするというより、自然とやってたことを仕事にしている、という感じなのか。
僕の場合、ブログはどうだろう。
そんなに好きなのかな。突然書きたい衝動に駆られることはあるけれども。

18:24:16 JST

人はなぜ飽きるのか?
自分に関係ないから?
レベルが低すぎるから?

以上。
自分が入力したものをそのまま使っても、おそらく人が見ても意味がわからないだろう。
なので、「デイリーもった」として使うのであれば、ここからネタをピックアップして追記していくことになりそうだ。
今日はとりあえずどんな感じになるのかを確認するだけにしてみる。 明日から復活だろうか。

今日のツイート

逆に、自分自身がタイトルであおりすぎていないか、も注意していきたいところ。
一時の流入があっても、信頼を無くしたのでは次がなくなってしまう。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL