現在地のマップを取得し、誰かに助けを求める | iPhoneマップ基本のキ

Skitched 20120307 100644
僕の妻は地図が読めない。
マップアプリも起動しようとすらしてくれない。
だけど、現在地の表示ができるだけでも、助かることはある。
(メールで助けを呼ぶとか)
ということで、何回かに分けて簡単にマップアプリの活用法をまとめていこうと思う。
今回は道に迷ったときの話。
『道に迷った。マップは読めない。』
にっちもさっちもいかなくなったとき、一番始めににすべきなのは、誰かに助けの電話をするのではなく、今の位置がわかるようなメールを送ることだ。
ということで、今の位置がわかるようなメールの作り方をまとめてみようと思う。

ちなみに、今回の方法であれば、自分がiPhoneをもっているけれど、相手はスマートフォンあるいはパソコンから助ける、というようなシチュエーションでも使えるだろう。

迷ったらやるべき5ステップ

今回やることは以下の5つ。

  1. GPSの感度が良い所に移動する。
  2. 現在地を調べる
  3. 今いる場所の地図を画像化する
  4. 今いる場所の写真を撮る
  5. メールで送る

では、それぞれ説明していこう。

1. GPSの感度が良い所に移動する

978 GPSとは、衛星を使って現在位置を測位するシステムだ。
衛星はもちろん宇宙にある。
「GPSで現在位置を調べる」のは、宇宙からの信号を受信し、自分の位置を測るような仕組みになっているのだ。
994
宇宙からの信号、室内より室外の方が圧倒的に受信しやすい。
ということで、現在地を調べる前に、調べやすい所へ移動しよう。

2. 現在地を調べる

次に現在地を調べる。
マップアプリを起動し、左下のSkitched 20120306 225516ボタンを押す。
Skitched 20120306 225335
すると、画面中央に青いピンSkitched 20120306 225651が表示される。
Skitched 20120306 225637
この青いピンSkitched 20120306 225651が表示されているところ。
これが現在地である。
ちなみに、GPSの感度が悪く、現在位置があいまいにしか取得できない場合、iPhoneはこのような表示になることがある。
Skitched 20120306 225838
このブルーの円は、誤差範囲を示している。
Skitched 20120306 225941
『貴方は大体この円の中のどこかにいるだろう』という感じ。
このブルーの円は、じっと待っていると小さくなる(よりGPSの精度が高まる)ことが多い。
少し待って、プルーの円が落ち着くのをまとう。

3. 今いる場所の地図を画像化する

先ほどの操作で現在地を表示できた。 では、次はその地図をメールで送れるようにするため、画像化する。
今表示されている画面を画像化するときのは、「ホームボタンSkitched 20120306 232738」と「電源ボタンSkitched 20120306 233022」を同時押し。
Skitched 20120306 232221
すると、表示されている画面が画像化され、カメラロールに保存される。
Skitched 20120306 233324
可能であれば、よりズームした状態でも画像化しておこう。
Skitched 20120306 234115
こうすることで、「大まかにどこにいるのか」と、「より詳細にどこにいるのか」が表現でき、より場所が伝わりやすくなる。

4. 今いる場所の写真を撮る

Skitched 20120306 234520
より詳しい情報を伝えるため、周りに何があるのか、どんな建物があるのかを写真に収めよう。
こちらもできれば2〜3枚。
いろんな方向で写真を撮ると何かがヒントになってくれるかもしれない。
Skitched 20120306 235234
また、電柱や塀には住所が書かれていることがある。
もしこのような住所が書かれているプレートを発見したら、それも写真に収めておこう。

5.メールで送る

あとは、マップ画像と撮った写真をメールに貼付け、信頼の置ける人に助けを求めよう。
メールでの送付は、すべて写真アプリから。
まずはカメラロールを開く。
IMG 2494
次に送る画像を選択する。
今回は複数枚選択する必要があるので、右上のSkitched 20120307 091457をタップし、送りたい写真をタップしていく。
最大5枚。それ以上になるとメールへの添付に一手間必要になってしまう。
IMG 2495
選択できたら、Skitched 20120307 092347をタップ。
IMG 2496
共有する方法が選択できる。
今回はメールで送りたいので、Skitched 20120307 092844 をタップしよう。
すると、写真が貼付された状態で新規メール作成画面になる。
あとは、宛先、件名、本文を記入し、送付すればいい。
IMG 2497
これだけでも、助けられやすさはグンと上がるはず。
電話をするのは、これをしてからでも遅くない。
是非お試しを。

※備考

  • 待ち合わせで便利なアプリはいろいろあるが、今回はあえて標準のマップでどこまで出来るかを考えてみた。
  • 現在位置をURL化して送付するのではなく、あえてスクリーンショットを撮って添付している。
    こうすることで、現在位置だけでなく、どれぐらいのGPS誤差範囲があるのか、という情報も伝えることが出来ると考えて。
  • お互いにiPhoneなのであれば、こんなアプリもある。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL