iPhone4Sからの留守電入力は終焉を迎えた / Siriの日本語音声認識でメールを送信する

Skitched 20120308 101341
Siriでのナビゲーションが可能になったという事で、以前からやってみたかった「音声認識によるメール送信」を試してみた。

Siriにメールをお願いする

ホームボタンの長押しでsiri起動し、「ふじもったにメール」と話しかける。
すると、『メールの件名はなににしますか?』という問い合わせが。
IMG 2525
僕「音声認識のテスト」
Siri『わかりました。本文はどんな内容にしますか?』
IMG 2529
僕「かなり精度が高いね」
Siri『fujimottaさんへのメールの本文です。送信しますか?』
IMG 2530
ここで「はい」と言うと、メールの右上に切手が貼られ、メールが送信される。
IMG 2533

送信時、キャンセル時の演出が遊び心満載で素晴らしい

ちょっとした事だけれど、こういう小さい演出が楽しくていい。
ちなみに、送信確認のときに「ダメ」と言うと、メールにはキャンセルスタンプが押され、送信キャンセルされる。
IMG 2532
※それ以外にも、送信確認時に「本文を変更」「件名を変更」と言うと、内容を変更できる。
※「いいえ」でもキャンセルはできるようだが、認識されづらい様子。
ちなみに、メールイラストをタップするといつものメールアプリの画面に切り替わる。
言い間違えても、あとで文字入力でも修正できるのが嬉しい。

留守録入力の終焉

Skitched 20120308 102411
これは留守番電話サービスより使い勝手が良い。
いつもであれば、「電話して繋がらなかった。ああ、メールしなきゃ…」と少しおっくうになっていた所だが、これなら簡単なメールであればすぐ送れる。
これからはちょっとした事を伝えるのにメールを送る事が増えそうだし、留守電に音声録音する事は激減しそうだ。

おまけ

IMG 2524
悩むSiri。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL