プレゼン目的では買わないほうがいい / 僕がAppleTVをお勧めしない理由

Skitched 20120404 215141
AppleTVを1月に購入したものの、先日まで眠らせていた。
そもそも僕が購入したのは、iPhoneからのAirPlayが目的だった。
AppleTVをHDMIでプロジェクタで接続。AirPlayでiPhoneのプレゼンシートを表示させる。
ワイヤレス・PCレスのプレゼンに憧れて、購入したのだ。
結果から言うと、この目的ではうまく使えなかった。
いや、使えなかったと言うと語弊がありそうだ。
きちんと使う事は出来たが、ルーターの調子によっては安定しなかったりで、実用にはちょっと難しい事が判明したのだ。
そして、これの登場も大きい。
MacのディスプレイにiPhoneの画面をミラーリング / 脅威のアプリ「Reflection.app」を試す | 想造ノート
MacbookAirを持っている人であれば、もうこのアプリで代用できるのだ。

プレゼンにはAppleTVよりもMacbook+Reflectionがお勧めな理由

Macbook+Reflectionがお勧めな理由は3つある。
Macbook+Reflectionのほうが、接続端子が豊富で、モバイルWiFiルーターも不要で、バックアップも可能だからだ。

Macbook+Reflectionのほうが、接続端子が豊富

いろんな環境でプレゼンをするとなると、環境に気をやる必要もでてくる。
例えばプロジェクター。
最近発売されるプロジェクターであれば、入力端子はVGAからDVI、コンポジットにHDMIまで対応しているものも多く出ている。
しかし、どのプロジェクターでもそうではない。特にどこかの会場で借りるプロジェクターであれば、VGAしかないなんてこともよくある話。
AppleTVは残念ながら出力端子がHDMIのみだ。
そもそも接続できない、という事態もあり得るのだ。
しかし、Macbook+Reflectionであれば問題ない。
MiniDisplayPortからの多種多様な変換コネクタが存在しているので、まず接続できないという事はないだろう。
互換性のVGAと、音も転送できる利便性の高いHDMI。
最低限この2種類を持っていれば問題ないのではないかと思う。

Macbook+Reflectionであれば、モバイルWiFiルーターは不要

Skitched 20120404 181536
iPhoneをAppleTVに接続したければ、WiFiルーターは必須となる。会場のWiFiではセキュリティ上接続できるかがわからないので、自分で使うときは自前のWiFiルーターを用意する必要があるだろう。
しかし、Macbook+ReflectionであればモバイルWiFiルーターは必要ない。MacbookとiPhoneをアドホックで接続し、直接接続する事ができるからだ。
直接接続する事でもう一つメリットがある。
画面の転送以外で通信が必要なくなるので、画面表示が安定するのだ。
やり方は以下のエントリが参考になる。
Reflection.appのミラーリング時、イメージの崩れを防ぎ高解像度で表示する方法

Macbook+Reflectionであれば、バックアップも可能

Screen Shot0
モバイルWiFiルーター経由での接続が曲者で、ふいにiPhoneとAppleTVの接続ができなくなることがあるのだ。
(僕も一度経験した。)
WiFiルーターとの相性などもあるのだろうが、一度接続できなくなるとその後全く認識してくれないという事もある。
こうなってしまうとプレゼンターは真っ青だ。
しかし、Macbookがあれば、AirPlayでスライドが表示できなくなっても問題ない。
Keynote のファイルをMacにバックアップしておけば、Macbookでもスライドを使う事が出来るからだ。
AirPlayが使える状態であればiPhoneのKeynoteでスライドを操作し、もしトラブルが発生したらMacbookでバックアップする、という事が可能になる。
(ちなみに、それならKeynote Remote でもいいじゃないかと思われるかも知れないが、Keynote Remote Keynote for iOS では出来る事が違っている。これについてはまた後日まとめたいと思う。)

もしMacbookを持っているのなら、プレゼンテーション目的でAppleTVを買うのは考えた方がいい

以上の理由により、プレゼンテーション目的でAppleTVを買おうと思っている、かつMacbookを持っている人は少し考えたほうがいい。
Reflectionを購入した方がコストパフォーマンスも高いし、プレゼンテーションでも活用が可能だ。
ただ、Macを持っていないけれどiPhoneでワイヤレスプレゼンをしたい、というのであれば検討の余地はあると思う。
自分のやりたい事と、既に持っている端末と合わせて考えてみてほしい。

One More Thing : 僕のAppleTVについて…

ちなみに今、僕のAppleTVは本来の役目であるリビング端末として活躍しているのだが、この役目に関しては最高に便利だという事を最後に記しておこうと思う。
主にyoutubeを見ているのだけれど、iPhoneからの操作感も抜群にいいし、PCで見るよりも動画のクオリティが良いのも気に入っている。
iPhoneに入れている音楽も聴けるし、動画も見られる。
iPhoneにHulu をインストールすれば、大画面でいろんな動画を無制限に楽しめる。
AppleTVはiPhoneと併用すると、リビングのテレビにイノベーションを起こしてくれる端末である事は間違いないだろう。

上記AppleTVは新型のもの。
解像度が低い旧型はAmazonで1000円ほど安くなっている。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL