それでもMacのショートカット記号を覚えられない人へ / Optionのマークは「スイッチ」で覚えるといい

Skitched 20120404 163159
先日書いたこちらのエントリ。
Macのショートカットキーでもう迷わない / 修飾キー記号早見表 | 想造ノート
こちらで、僕は「ControlとOptionを混同してしまって覚えられない」と話した。
だけどあれから2週間、いつの間にかカンニングペーパーなしでも覚えてしまっている自分に気付いたのだった。
結果論だけ言うと、僕は語呂合わせで覚えた。

ControlはShiftの上、^

Controlに関しては、佐々木正悟さんのエントリが役に立った。
「Shiftが↑。Controlはそのさらに上」と覚えました | | 作家の作業日報 | あすなろBLOG
shiftキーは「⇧」(UPWARDS WHITE ARROW)だった。
Controlを表す記号は「⌃」(UP ARROWHEAD)。これは、上矢印の頭の部分をあらわしているのだ。
「⌃」は上矢印(Shift)の上のキー、つまりControlを表す、という風に覚えた。

Optionはスイッチ

Optionに関しては、こちらのエントリの覚え方だった。

 
option キーを示す ⌥ については、Wikipedia に記述がない。Google で調べてみたら、Quora にそのものずばりの質問があった。

Computer Keyboards: What is the origin of the Mac’s “option key” symbol (⌥)? – Quora

その回答として、一番支持されてたものがこちら (抜粋)。

It was clearly inspired by the electrical symbol for an SPDT switch:

この回路図の左側から流れる電流を、スイッチによって、右上に流すか、左下に流すか選択できる。通常の動作を別のものに切り替えるという事で option や alternate (alt) を示すのだろう。
 
via: Mac の特殊キー記号の由来 – 情報と音楽

実は「⌥」はスイッチを表している。
動作を切り替えるためのスイッチ=Optionキーと覚えると、いつの間にかそれが当たり前になっていた。

二つの語呂合わせで覚える

ということで、ControlとOptionのショートカット記号が覚えられないのであれば是非この2つの語呂合わせを覚えてみてほしい。

  • Controlは「⇧」の上…「⌃」
  • Optionは動きを変えるスイッチ…「⌥」

これで、今まで覚えられなかった人もあっさり覚えられるかもしれない。

おまけ:佐々木さんのOptionの覚え方が凄い

これは完全に蛇足なのだが、佐々木正吾さんのOptionの表現が凄かった。

狂ったXみたいなoption。
via: 「Shiftが↑。Controlはそのさらに上」と覚えました | | 作家の作業日報 | あすなろBLOG

確かに狂ったXのようにも見えるなー。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL