最近のスキャナについて|フラットベッドスキャナとシートフィードスキャナ

Canon imageFORMULA DR-P215 A4対応CISセンサー 給紙枚数20枚 USBバスパワー駆動 USB3.0対応 コンパクトモデル
最近、スキャナと一言で言ってもいろんなタイプのものが登場していて、正直どれを選べばいいのかわからないところが多いかと思います。
僕もスキャナについて質問を受けたのでその場で回答しようと思ったのですが、ちょっと一言では済ませられないのと、同じような事で困った人がいるときにすぐに伝えられるよう備忘録的にエントリしておきます。

さて、現在主流のスキャナというと大きく分けて2つあります。
大型コピー機のように、原本をガラスに押し付けてスキャンするフラットベッドスキャナと、
複数枚の紙をFAXのように吸い込んで、どんどん取り込んでくれるシートフィードスキャナです。
フラットベッドスキャナとは (flatbed scanner): – IT用語辞典バイナリ
シートフィードスキャナとは (sheet feed scanner): – IT用語辞典バイナリ

少数のページスキャンならフラットベッドスキャナで

EPSON Colorio フラットベッドスキャナー GT-S630 4800dpi CCDセンサ A4対応
フラットヘッドスキャナでは、本をスキャンするときはそのままでOKです。スキャンしたいページを開き、原稿台に押し付けて、スキャン開始すれば、そのページのスキャンは完了です。
機種によってはアナログのフィルムをスキャンできる物もあります。
ただし、全ページをスキャンしようとすると、スキャン→ページ変更→スキャン…を繰り返す必要があるので、相当な時間がかかってしまいます。

EPSON Colorio フラットベッドスキャナー GT-S630 4800dpi CCDセンサ A4対応EPSON Colorio フラットベッドスキャナー GT-S630 4800dpi CCDセンサ A4対応

エプソン
売り上げランキング : 1040

Amazonで詳しく見る by AZlink

複数毎の書類、あるいは書籍をスキャンするのであれば、複数ページ読み込みを自動でしてくれる機能(ADF)付きの物か、シートフィードスキャナを選んだ方がいいでしょう。

複数のページをスキャンするなら、シートフィードスキャナ

Canon imageFORMULA DR-C125 A4対応 CISセンサー 給紙枚数30枚 重送軽減リタードローラー採用 Uターン排紙省スペース設計モデル
シートフィードスキャナは、本をスキャンするときには必ず背表紙を断裁し、1枚1枚バラバラにしないといけません。
そのかわり、自動でスキャンしてくれるので、複数枚スキャンはかなり楽です。
最近、本の電子書籍化などで使われているのは、このシートフィードスキャナです。
有名な商品としては、富士通のScanSnap、CanonのImageFomulaがあります。

FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-AFUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A

富士通
売り上げランキング : 234

Amazonで詳しく見る by AZlink

Canon imageFORMULA DR-P215 A4対応CISセンサー 給紙枚数20枚 USBバスパワー駆動 USB3.0対応 コンパクトモデルCanon imageFORMULA DR-P215 A4対応CISセンサー 給紙枚数20枚 USBバスパワー駆動 USB3.0対応 コンパクトモデル

キヤノン
売り上げランキング : 4134

Amazonで詳しく見る by AZlink

ただし、シートフィードスキャナは厚いものを取り込めないので、厚紙やプラスチックの板等をスキャンする場合は使えないこともあります。
目的や用途に合わせて、スキャナを選んでください。
追伸:シートフィードスキャナについては別エントリでもうちょっと言及します。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL