指がプレゼンのリモコンに!ジェスチャでKeynoteを操作できるMacアプリ「Flutter」

Flutter
先日、iTea3.0の酉蔵さんとイベントの打ち合わせで話をしていたときに、ちょっと面白いアプリを教えてもらってました。
名前は「Flutter App (無料) 」。
カメラの前でのジェスチャで、iTunesの再生、早送り、巻き戻しが出来るというちょっと未来を感じるソフトです。
このアプリが、先日アップデートし、すごいアプリと連携するようになりました。
僕の大好きなアプリであり、Appleの傑作スライド作成ソフト「Keynote App (¥1,700) 」です。

指でのスライド操作が実現できる

FlutterUPD
Keynoteで、再生、早送り、巻き戻しが出来る。
つまり、指をMacの前でかざすだけでスライド操作が出来るようになったのです!
これ、かなり面白くないですか?
実は、Flutterを初めて知ったとき、一番に連携してほしいと思ったのがKeynoteだったので、今アップデートでテンションが最高潮に。

手を使っての操作は3つ

さて、実際の操作方法は以下の3つ。

  • 手をかざす:再生
  • 親指を立てて右へ:次へ進む
  • 親指を立てて左へ:前へ戻る

言葉での説明ではイメージがつかみづらいので、ヘルプからイメージを拝借しましょう。

手をかざす

AccessMenuBarApps 2

親指を立てて右へ:次へ進む

AccessMenuBarApps 3

親指を立てて左へ:前へ戻る

AccessMenuBarApps 4

コントローラーレスを実現

上図の3つのジェスチャーで、コントローラーレスを実現するのです。
どうでしょうか?実演してみると相当インパクトありそうですよね。

新しい試みの反面、気になる事も

ということで、新しい発想のアプリ、Flutterをご紹介いたしました。
ただ、まだまだ遊びの域を超えないかな…というのが個人的な意見。
というのも、

  • カメラの前でないとダメ。
    ということは、暗いと使えない?
  • 大事な所では使えない
    きちんと操作が認識されないときに何度も何度もジェスチャーをするのはかなり不格好

という当たりがまだ気になってしまうのです。
この辺りは、Macbookに搭載されるカメラの性能等、これからもしかすると解決される問題なのかもしれませんが、まだまだこれから、でしょうね。
ただし、インパクトはあります(先日のイベントでは音楽を再生するだけで驚かれました)ので、勉強会なんかで使うと面白そうです。
興味のある方は、一度使ってみては。無料ですし。
Flutter App
カテゴリ: エンターテインメント
価格: 無料

もちろん、スライド作成ソフトの中で最も素早く、そして最も見やすいスライドが作れるKeynoteもおススメですよ。
Keynote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,700

こんな本もおススメです。

ナンシー・デュアルテ
ダイヤモンド社 2012-09-07
¥ 2,625
ガー・レイノルズ
ピアソン桐原 2010-06-25
¥ 2,520

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL