Mac嫌いの僕が何故Macを使うようになったのか

メールマガジン 1min Hacks 2013/02/08発行分より引用)
3年ほど前の話です。
Macの端末を友人に借りていたにもかかわらず、全く触らなかった時期があります。
Macを触る機会があったにもかかわらず、WinとMacのあまりの使い勝手の違いにずっと戸惑って、触らずにいたのです。

そんな僕が本格的にMacを使いだしたのは、 実は不本意な出来事からでした。
夏の暑い時、ついうっかり扇風機を倒してしまい、 それが自前のノートパソコンに当たってしまったのです。
ディスプレイは液晶が漏れ、 コンピューターが起動はするもののほぼ使い物にはならなくなりました。
仕方なく、借りているMacをWindowsの代用とすることにしました。
それまで、ずっとWindows派だったので、15年も使ってきたWindowsとの違いがやっぱりネックにはなりましたが、Macにじっくり向き合ってみると、Winにはない良い所が少しずつ見えて来だしました。
今では、iPhoneやiPadよりも Macを触る時間の方が長くなっています。
そして、Macの使い心地の良さを もっと多くの人に伝えられたら… とまで考えるようになっています。
現在、「もっとアシスト iLecture」という新しいサービスを企画中です。

  • オンラインの動画とテレビ電話を駆使して、
  • ライフスタイルに合わせて、
  • 個人に合わせて学べる

そんなサービスです。
ここから、また一人でも快適なコンピューターライフを送れるようになれば。
そう考えています。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL