Macがスリープ状態から復帰する時、パスワードを確認するようにしてほしい

23C295CF0E174224A0A2B0BD02647F6D.jpg勝手に使われないように、きちんとパスワードを確認するよう設定しましょ。

Macを利用し始めてまず気になったのが、スリープ状態から復帰の際に「パスワードを確認してくれない」という事でした。ちょっと席を離した隙に、誰かに中を見られてしまうかも!なんて思うと心配ですよね。 ですが、これも設定次第ですぐに確認してくれるようになります。

設定はシステム環境設定より。

セキュリティとプライバシー.jpg システム環境設定 > セキュリティとプライバシー > 一般

この中の「スリープ解除/スクリーンセーバ解除にパスワードを要求」のチェックをオンにします。
セキュリティとプライバシー 1
これで、ログイン時にパスワードが要求されるようになります。

スリープ後/スクリーンセーバ後、どれぐらいでロックするようにするか?

Macの場合、さらに「スリープ後/スクリーンセーバ後、どれぐらいでロックするようにするか?」を設定できます。

ロック開始は、5秒後〜4時間後と多様な設定が可能。

「うっかりスリープさせたけど、すぐに気づいた時はパスワード打ち込みたくない!」という人は、「5秒後に」という設定がおすすめです。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL