Macをネットワーク経由での外部攻撃から守りたい

NewImage.png Macを外部攻撃から守る盾になるのが「ファイアウォール」なのです。

一番始めにMacを起動したとき、まずするのがネット経由でのユーザー登録だったりします。ネットワーク接続を前提としたOSなんですよね。
そんなMacですが、そのままだと外部からのネットワーク攻撃にさらされる事になります。特に、同一ネットワーク上のコンピューター同士であれば、簡単に中身が見えてしまいます。
そんなとき、外部からのアクセスを制御できるのが「ファイアウォール」です。

ファイアーウォール(防火壁、Firewall)とは、ある特定のコンピュータネットワークとその外部との通信を制御し、内部のコンピュータネットワークの安全を維持することを目的としたソフトウェア(あるいはそのソフトウェアを搭載したハードウェア)の技術概念である。
外部から内部のコンピュータネットワークへ侵入しようとするクラッキング行為を火事にたとえ、それを食い止めるものとして防火壁という表現を用いている。
via: ファイアーウォール – Wikipedia

Macをネットワークに接続しつつ、安心して使うためにも、ファイアーウォールの設定をしておきましょう。

システム環境設定よりファイアウォールを開きます。

セキュリティとプライバシー-11.jpg システム環境設定 > セキュリティとプライバシー > ファイアウォール

「ファイヤーウォールを入にする」ボタンがグレーになっている場合、左下のカギマークをクリックし、ファイアーウォールボタンを使えるようにしましょう。
あとは、「ファイアウォールを入にする」をクリックすればOKです。

セキュリティとプライバシー-12.jpg ファイアウォールが有効になります。

ファイアウォールオプションをクリックすると、より詳しい設定が可能です。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL