Mac OSX Mountain lionの通知を自分が確認するまで残しておきたい

消え行く通知.jpg消え行く通知…
これで涙をのんだ人はどれぐらいいるだろうか。

Mountain Lionから搭載された通知センター。小さく知らせてくれるので、作業の邪魔にならない程度に伝えてくれるのはいいのですが、あっさりと消えてしまうのでメッセージを逃してしまう、という事もよくあります。
今回は、この通知を自分が確認するまで残しておく設定をご紹介。

まずは、システム環境設定を開きます。

通知-3.jpgシステム環境設定 > 通知

次に、左側に表示されているアプリ一覧から、確認するまで通知を残しておきたいアプリを選択します。

通知-4.jpg今回はメッセージアプリの通知を残すようにします。

次に、右側に出てくる「メッセージの通知スタイル」を「警告パネル」に。

通知-5.jpg警告パネルは自分が確認するまで消えないんです。

これで、自分が通知を確認するまでは消えなくなります。

SystemUIServer-3.jpgさらに、返信ボタンをクリックでそのまま返信する事も。

仕事に集中しすぎても、これで見逃す事はなくなりそうですね。

購読しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする