Twitter for Mac 2年ぶりにアップデート。Twitterはこれからどう展開していくのか。

Mac App Store.pngようやくRetina Display対応

今朝起きたら見かけたこちらのニュース。
「Twitter for Mac」2年ぶりのアップデート、日本語をサポート | パソコン | マイナビニュース
なんと、2年ぶりにMac版のTwitterがアップデートされたようです。

今回からの大きな変更点は以下の通り。

  • Retinaディスプレイサポート
  • 投稿機能の改善・写真貼付ボタンの追加
  • アイコンの変化
  • 15カ国語対応

そして、明記はされていませんが、おそらくTwitter API1.1にも対応しているんじゃないでしょうか。

Twitter App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
投稿時の価格: 無料

▼Twitter API 1.1の変更点については、以下の記事が参考になります。
Twitter APIと開発者規約変更のインパクトまとめ:結局、Twitter API 1.1で何が変わる? 5つのポイント – @IT
このタイミングでリリースするなら、むしろAPI1.1対応こそが本当の目的のはずです。
というのも、Twitterは旧APIを5/7に正式終了すると発表しているので。
4月16日に再度ブラックアウトテストを実施:Twitterの旧API、5月7日に正式終了へ – @IT

もったは思った。

Fujimotta SNSicon 20130424 pop正直な所、もうMac版アプリはリリースせず、強引にもWeb版に移行するつもりだったのではと思っていたのですが、ここにきてまさかの意外な展開です。
公式ではないクライアントアプリでも、多くの優良なアプリが出てきており、強引にWeb一本にするのは得策ではないとの判断からでしょうか。
その本意はまだまだ不透明ではありますが、これからMacでTwitterをする手段として公式のアプリがリリースされた事は、いちTwitterユーザーとしては嬉しい事でもあります。

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL