スライド装飾を効率化|複数枚を一挙に装飾することができる「マスタースライド」機能

マスタースライド 動画 001
前回のエントリでも書いたのですが、、スライドを効率よく作成するのは非常に重要です。
中途半端な資料で発表するぐらいだったら資料なしで話した方がマシかもしれません。
となると、スライド作成の効率化は重要課題になるのですが、あんまり意識されていない方も少なくないようです…。
今回はスライド作成の効率化に非常に役立つ「マスタースライド」機能を動画にてご紹介いたします。

マスタースライド機能でできるのは、既にあるパーツの装飾だけではありません。自分で画像や文字を後で追加して、すべてのスライドの同じ位置に同じものを表示させることなんかも簡単にできてしまいます。(スライドの右下にロゴマークを出す、なんてことも簡単に出来る訳ですね。)
このマスタースライド機能、スライドに統一感を持たせるという意味でも、非常に有効です。自分だけのマスタースライドを作ってしまって、効率よく、統一感のあるスライドを作ってみてくださいね。
▼こんなエントリもいかがですか?
○ 素早くスライドを作るための3つのポイント 
「アウトライン機能」でスライドの下書きを素早く作る 

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL