格安SIM利用者が用意しておきたい、都心でのもう一つの高速通信手段

Mobile 3arrow
最近通信系のエントリをまとめているので引き続き。
僕は自宅でブロードバンド回線を引いておらず、普段は

  • 自宅・屋外でWiMAX
  • WiMAXの繋がらない所では格安SIM

この2つを駆使して通信しております。
これで十分ではあるのですが、外出時にカフェでがっつりブログを書きたいとかネットサーフィンをするとか、そういう用途では格安SIMでは通信容量的に不安だったりするんですよね。
僕自身、お気に入りの場所があるのですが、なぜかそこではWiMAXが繋がりにくいという悲しい事態に。高速通信したいときにできないのは辛いものがあります。

そこで、2本の矢にもう一つ、3本目の矢として僕が注目したのが、公衆無線LANサービス「Wi2 300」です。
公衆無線LANサービス Wi2 300【Wi-Fiスポット全国拡大中!!】
ホームページを見てもらうとわかるように、アクセスポイントは結構豊富。
駅前で、とっさにネットをつなぎたいときに使いやすいサービスなんですよね。
これであれば、格安SIMで大容量通信が不便な時でも、アクセスポイントを探して公衆無線LANで…という風に使えます。
ちなみに、このwi2 300、いろんな公衆無線LANサービスと提携していて、たとえばau Wi-Fi SPOTのローミング先として提携しているので個別の契約が必要なかったりするのですが、契約によって接続台数が限られていたりログイン時にツールが必須だったりネットが繋がる場所でセットアップの必要があったりと微妙に不便なんですよね。
その点、wi2 300であればわりと柔軟に接続できる(MACアドレス認証も非常に便利)ので、つなぎやすいです。
費用も月に380円と割に安く、WiMAX+格安SIM+公衆無線wi-fiと合わせても5,000円程度で済みます。
そういえば、WiMAXはMVNOによっては月2,000円程度で維持できる所も出てきていますね。
ということで、僕自身はiPhoneのパケット通信を完全にオフにし、

  • 自宅・屋外用のWiMAX
  • 電波のとどきにくい所での格安SIM
  • カフェ・ファーストフードなどでは公衆無線LAN

上記3つの通信手段でなんとかやってるよ、というお話でした。

通信手段といえばこんなエントリも

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL