TwitterやFacebook、Lineのプロフィールに可愛くて親しみやすい似顔絵を

Prof tamago 012
Twitter・Facebook・Lineなどに使える「プロフィールアイコン」の、新提案です。
このたび、「ふじもなおのアトリエ」のコラボで、新しい絵柄の似顔絵を提供いただけることになりました。
普段は僕自身がふじもなおのアトリエの裏方サポートをしているのですが、今回はふじもなおさんから直接「ブロガーとして」依頼を受けたので、改めてこういう形での企画に。 

制作時にお願いした、3つのキーワード

僕がもう一つ、作るのであればこういう似顔絵だ、ということを念頭に考え、今回は

  • キャッチー
  • 親しみ
  • やさしさ

の三つのキーワードを元に似顔絵制作をお願いしました。

この3つが重要な理由

ネット上で活動するにあたって、見た目を武器にすることはちょっと難しい。(YouTuberなら別かも)
スーツを着ている写真を載せているからといって、それが信頼に繋がるかと言われたらそうとは限らない時代だと思っています。
だからこそ、プロフィールには親しみを感じる似顔絵を。
結果「キャッチーで親しみやすい、やさしさを感じる似顔絵」となったわけです。

完成品

今までのふじもなおの似顔絵とはまた切り口が違うやさしい雰囲気で仕上がりました。
それが、こちらです。
もったコラボ似顔絵

今回の似顔絵のポイント

今回の似顔絵、ポイントは、以下の3つです。

  • 顔を主軸に置いたデザイン
  • SNSのプロフィールに使っても見やすい主線の太さ
  • 画用紙にクレヨンで書いたような優しい雰囲気

それぞれ、もう少しだけ詳しくまとめます。

顔を主軸に置いたデザイン

NewImage
今回は個々の顔で個性を生み出すという方向性で作ってもらっています。
本人の顔を知っている人には「ああ、わかる!」と思われる。
知らない人には、「可愛い!」と思ってもらえる。
この非可逆性をきちんともった似顔絵です。

SNSのプロフィールに使っても見やすい主線の太さ。

NewImage
また、SNSのプロフィールに使っても線が潰れないように、主線を太く仕上げてもらいました。
小さく見せてもきちんとパーツがわかる。 TwitterやFacebookでは特に重要なポイントです。

画用紙にクレヨンで書いたような優しい雰囲気

NewImage
最大のポイントは、その画風です。 まるで画用紙にクレヨンで書いたような優しい雰囲気に仕上がりました。
ディスプレイからぬくもりが伝わってきそうなこの似顔絵。
SNSで使いたい、愛されるアイコンに仕上がってお願いした僕自身も驚きです。

申込はいつから?

さて、この似顔絵ですが、申込は2月1日からとなります。
理由は、実は僕自身の記念日にあるのですが、また申込開始時にお伝えしたいと思います。
ちなみに、ふじもなおのアトリエメルマガ購読者限定で、先行申込を受け付けます。
メールマガジンの登録は以下のボタンよりどうぞ。
ふじもなおのアトリエ
メールマガジン

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL