楽天ブロードバンドLTEの仕様が変更され、高速容量が2倍に!しかし…

Sim change 021 001
楽天ブロードバンドLTEの仕様が変更になったというお知らせが昨日メールで届きました。
これに関しては、既にいろんなサイトでニュースとして取り上げられているので、知っているという方もおられるかと思います。
ですが、利用者向けのメールの中にちょっと気になる記述がありましたので、一部転載します。

■改定内容
・エントリープラスプラン
月間高速通信容量:500MB → 1.0GB
月間高速通信容量超過後の通信速度:256Kbps → 300Kbps※
連続した3日間での制限条件:400MB
※連続した3日間のデータ通信量が400MBを超える、または高速通信容量超過後、高速通信分を含む月間のデータ総通信量が2.0GBを超える場合、通信速度をさらに制限します。
・ライトプラスプラン
月間高速通信容量:2.0GB → 3.0GB
月間高速通信容量超過後の通信速度:256Kbps → 300Kbps※
連続した3日間での制限条件: 183MB → 400MB
※連続した3日間のデータ通信量が400MBを超える、または、高速通信容量超過後、高速通信分を含む月間のデータ総通信量が4.0GBを超える場合、通信速度をさらに制限します。
両プランとも、3月18日の仕様変更時点で上記の制限条件に合致するお客様は、通信中であっても即時制限対象となりますので予めご了承下さい。

一見見るとさらなる改善のような今回の仕様変更。
ですが、今回のポイントは高速通信速度の増加という所ではありません。
もう一つ、帯域制限後、さらに一定容量を超えた場合のさらなる帯域制限です。
ここに関しては、楽天側は明確な定義をしておりません。
2GBを超えたユーザーの中で、悪質な場合に対応する、ということなのかもしれませんが…
確かに通信速度は向上されています。実際使っていると体感スピードも向上しました。
しかし、こんなにあっさりと仕様を変えてくるのを見ると、これからもまた仕様がコロッと変わってくるのかもしれないと、変な疑念を抱いてしまいますよね。
せめて、2段階目の帯域制限について明確なルールを明記してもらえたらと感じています。

購読しよう!