自信のない自分が自信をつけたいと思って始めた習慣

Nikki

ここ1年ぐらい、全くと言っていいほど自分のやるべきことができていない感覚でした。
実際、「本当はすべきこと」を置いておいて、その時々に流された行動を続けていたように思います。
正直、そんな自分に嫌気がさしていたのも事実。
そんな折、佐々木正吾さんのブログ「ライフハック心理学」で紹介されていた本に目が止まります。
その本のタイトルは、「日記の魔力」。

以下、ライフハック心理学で紹介されていた部分を引用します。

「おれは何をしているんだろう……」
 そんな思いが出てくると、過去一ヶ月ぐらいの日記をガーッと読むのだ。
 すると、そこにはちゃんと生活している自分がいる。
 それもけっこうちゃんとやっている自分がいる。
via: 「自信を取り戻す」ためのライフハック | ライフハック心理学

このフレーズを見て、自分も同じことに気づいたんです。
この一年間、何をやっていたのかが全くわからない、ということに。
その場でKindle版を購入し、1日で読破してしまいました。
読後、「デジタルで行動記録を書く」ことを即座にスタートさせました。
アナログではなく、デジタルで始めるのは、以下の3つの理由から。

  • 検索性が高い
  • 同じことを日々記録する際の手間を省きやすい
  • 関連性の高い日記をカテゴライズしやすい

著者である表さんはパソコンを使って入力しているということだったのですが、僕自身は常にパソコンを持ち運んでいるわけではないので、iPhoneで記録できるアプリを用意しました。
白羽の矢が立ったのは、「iライフログ」と「Evernote」です。
iライフログ App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料 (価格は記事作成時のものです)
App Storeで購入
iライフログは、事前に行動のカテゴリを用意出来ますし、Evernoteとの連携機能もついています。
Evernoteの検索性の高さは言うまでもありません。
Evernoteでは、ノート間のリンクを作ることも可能です。
タグ付けもできるので、カテゴライズに関しても問題なさそうです。
ということで、現在iライフログで行動記録をとることを始めてみました。

記録したものを読み返してみて、改めて感じるのは「1週間前のことはすっかり忘れている」ということ。
そして、何だかんだあっても自分もきちんと生活しているんだな、ということです。
iライフログに関して、設定方法などももう少しまとめてみたいと思っています。 

このサイトをフォローする!

あなたのお悩み、ぶつけてください!

このブログにたどり着いた人はMacやiPhone、iPad、AndroidにWindows、Word、Excel、PowerPointにKeynoteやPages、Numbersなど、これらのお困りごとを抱えた人が多いようです。
ただ、全てのお悩みにこのブログがお答えできていないという事実もあります。

どうすればいいのか悩んでいたのですが、今回、思い切って直接聞いていただけるお悩み相談BOXみたいなものを設置いたしました!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL