【耳で読む】Pocketの記事を音読してくれるiPhoneアプリ「Lisgo」

Mimide yomu l
目で読めない時でも、『耳で読む』ことができればPocketの未読消化が捗る
僕の場合、Pocketは「気になるけど今は読めないし、でも諦めきれないからどこかにとどめておこう」という感情が働いたときに保存する場所になっています。
ですので、いつか読みたいと思って保存しているPocketの記事たち。ですが、これがなかなか読む機会が無いんですよね。
そんな折、ふと思い出したのがこのLisgoというアプリです。
Pocketの記事読み上げ – LisgoはPocketのWeb記事を自動音声で朗読します App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料 (価格は記事作成時のものです)
App Storeで購入

Lisgo自体は、toshi586014さんのこちらのエントリで知りました。
LisgoでRSSは聞く時代へ!驚愕の日本語認識力を体感しよう。 | はれときどきくもりZ
このアプリ、何が出来るかと言いますと、Pocketに保存しておいた記事を音読してくれるんです。
音読のクオリティ的にはまだまだ改善の余地はありそうなのですが、それでも読んでくれるというアドバンテージが大きいです。使いどころとしては、手が動かせない時が一番良いかもしれません。
最近、移動中の時間が結構勿体なくて、どうにかこれを活かすために電子書籍を読んでみたり、RSSを読んでいたりしたのですが、時間帯が悪いと混み合ってて手が動かせないなど、なかなか集中して読めないんですよね。
最終的には、音楽を聴きながら、ぼーっとしていることが多かったんです。
でも、これでは何となく時間を使っているだけだと気づいて、何か別のことに使えないかと考えた結果、こちらのアプリを使うことにしたんです。
結果、僕にとっては非常にいい時間の使い方になりました。
未読だったけれど、読みたいと思っていた記事を読めるし、移動中のちょっとした時間を有効に使えます。
自己満足のためだけにPocketに入れていた記事たちを読み(聞き?)返すと、改めてそのときには気づけなかったことも気づけるんですよね。
もう一つ、読んでいたときには読み飛ばしていたけれど、聞いてみると重要なポイントに改めて気づけるということもあります。
読む時と聞く時、頭の使われ方が違うからなのでしょうか、入ってくるポイントも切り口が異なっていることにも驚きます。
目で読むのと、音声で聞く。前者は能動的に、積極的に「読む」必要があり、ある程度のパワーが消費されますが、後者は、パワーがなくても聞けてしまうのが良いのかもしれません。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL