87kgだった体重から4.5キロ減ったし、今まで何を変えてきたのかをまとめてみる

Change life
銭湯にあった体重計で体重を測定したのが、今からちょうど1ヶ月前。
そのときに出てきた数字は今まで見た事が無い「87.0」という数字。
この結果に、僕はゾッとしました。
「だいたい82〜3を前後していて、それを超える事なんてありえないことだ」と思っていた自分の体重が、5kgも多かったんですから。
こ自宅にも体重計はあったのですが、スペースの邪魔と言わんばかりに壁に追いやられておりました。
全然活用できていなかった体重計、この日を境に、部屋の横隅に復活させる事になり、食生活を改善し、体重をできるだけ細かく計る事で、なんとか今の82.5kgに戻すことに成功しました。
2014 04 20 14 19 59
今日はこれを記念して、どうやって今の体重まで落とす事が出来たのかについて振り返ってみたいと思います。

まず、なぜ87kgになったのか。

これに関しては、わりと思い当たる節があります。
冬の時期って、美味しいものが多いですよね。
僕は鍋物が大好きで、お鍋の時はつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。
さらに、仕事環境が変わった事でストレスを感じていたのか、ついご飯を大盛りで食べていました。
いや、もしかすると仕事環境を言い訳にしていたのかもしれません。
「がんばって仕事しているんだし、たくさん食べておかないと」とか「今日もがんばったし、ご飯を食べて明日に備えておこう」というような感じですね。
さらに言うと、職場までの通勤に片道7.5kg自転車移動していて、「運動しているし、増える事は無い」という甘い考えもありました。
ですが、やっぱり食べる量が多かったようで、大食いを続けていたら結果太ってしまった、という感じです。 

運動にプラスして、食事を変えました。

俗にいう糖質制限ダイエットです。
ですが、ガチガチの制限ではなく、比較的実行可能な緩やかな制限を設定しました。
具体的には、今まで食べていたご飯分、もしくはそれ以上の量のキャベツを食べてもいい、そのかわりご飯は基本的にはナシ、というもの。
キャベツって、わりとクセの無い、そしてわりと入手しやすい類の野菜です。そして、ボリューム感もある。今の時期であれば1玉100円から手に入る、非常にポピュラーな野菜ですよね。
ウサギの主食です。
これをご飯の代わりにメインに持ってくる事にしました。

 正直、お腹いっぱい食べるのがちょっとしたストレス発散になっていた事をこの場で告白します。
ですので、この時点で食べる量を減らす自身はありませんでした。
量は満たしたい。でも太りたくない。
であれば、たくさん食べても太りにくい食べ物を食べるしかない、という結論に至りました。
そこで目を付けたのが、キャベツです。
via: 体重が気になりすぎたのでご飯をやめて、スーパーで年中見かけるあのお野菜を食べるようにしました

お米の代わりにキャベツを食べる。
そのかわり、いくらキャベツを食べてもOKにしました。
これは、「思いっきり食べたい」という欲求は少なくともストレス解消のきっかけになっていると思い、それを無くしてしまう事でストレス太りやリバウンドを起こしてしまわないように、です。
「思いっきり食べたい」という欲求は満たされているので、今のところ何の苦痛もありません。
ちなみに、食べたいときにはハンバーガーもラーメンも食べますし、みかんや甘めのヨーグルトなんかも食べてます。お肉なんて結構ガッツリ食べてます。
ただ、炭水化物をメインに据え置く事をやめただけです。 

さらに、現状をきちんと把握するために、測定を始めました。

自分自身の今の状況をきちんと把握するために、体重計で毎日、というより毎行動ごとに体重を量るようになりました。

 今まで体重測定をするのってメチャクチャ面倒だったんですよね。
だって、毎日同じ時間に計ってもあんまり体重変わらないし、計って、体重を意識するだけで下がるなんて眉唾だと思っていたんです。
ですが、実際に測るタイミングを変えてみたら、思っていたより自分の体重は増減していて、記録するとその波が非常に面白いことに気づけたんですよね。
で、肝心の「測るタイミングをどうしたのか」という話ですが、実は毎日同じ時間に測るのではなくて、「何か体重に変化がありそうなことをしたら体重測定をして、記録する」という形に変えたのです。
via: 体重測定を面倒がっていた僕が、継続的に体重測定できるようになった理由

 で、実際に計ってみて気づいたのは、「一日の中で大きな変化が何度かくる」ということと、「体に何かを入れれば増えるし、出せば減るという当たり前の事」を意識できていなかったという事です。
行動毎に体重を計る。
これ、結構面倒なように思われますが、実際は非常に興味深いものです。
さっき食べた食事で、400gも体重が増えた!とか、トイレだけで300g減った!とか、ランニングしたら400g減った!というような、そういうリアルな気づきが「食事制限と運動への意識」を強めてくれるんですよね。

インプットとアウトプットを変える。そしてそれをきちんと評価すること。

非常にシンプルで、ありきたりな結論にはなりますが、

  • 運動をすることで、消費量を増やす。
  • 食事を変えることで、蓄積量を減らす。
  • 今を知ることで、自分の目標に進んでいるかを確認する。

という3つの軸をきちんと自分なりに立てられたことが減量へと繋がっていったんじゃないかなと考えています。
恐らくこれのどれかが欠けたら、かなり進みが悪かった、もしくは進まなかったんじゃないでしょうか。

最後に、今使っている道具をご紹介。

▼こちらは僕が使っている体重計の最新バージョンです。デザインが気に入ってます。

▼こちらは、今使っている体重記録アプリです。1日に何度測量してもきちんと記録してくれます。
 シンプル・ダイエット 〜 記録するだけ!かんたん体重管理 〜 App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料 (価格は記事作成時のものです)
App Storeで購入
現在、82.5kgになったとはいえ、それでもまだ太り気味です。
次の目標は80kgを切る事、そして最終目標は76kgです。

まだまだ道半ばです。
引き続き上に書いた事を自分で守りつつ、ゴール目指して進んでいきます。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL