6インチAndroidを使って想像する、iPhone 6 Plusのメリット・デメリット

Apple iPhone 6
今非常に注目を集めているスマートフォン「iPhone 6」ですが、一方で成熟感を感じている方も多いようで、僕自身も現時点では静観している一人だったりします。
とはいえ、iPhone6には新しいカテゴリのデバイスも登場する、ということでやはり気になるのはiPhone6 Plus。
今回は6インチAndroidデバイスを使った経験から考える、iPhone6 Plusはこうなるんじゃないか、という予想を立ててみたいと思います。

胸ポケットからそこそこはみ出す

サイズの大きさは、iPhone 6 Plusのメリットでもあり、デメリットにもなりそうです。デメリットとしては、今まで入っていた場所に入らなくなる、ということ。
今までギリギリiPhone5Sが入っていた胸ポケットには、3〜4センチほどはみ出てしまいそうです。

片手での利用は基本的に無理

サイズ的な問題ではありますが、片手での利用は非常に難しそうです。よほど手のひらが大きい人でないと、親指が持っている側と逆端に届きません。
電子書籍を持って、タップでページ捲りをするのがやっと、という感じになりそうです。

文章入力は横持ちが主体になる

ということで、片手で素早くフリック入力、というのはかなり難しくなるかと思います。そこで、実際に文章を入力する際には横持ちで操作することになるのではないでしょうか。
NewImage
iPhone5のテンキー入力は、横持ちにするとテンキーが右側、変換候補が左側、というレイアウトになります。
実際にどのようなサイズの調整が行われているかは使ってみないとわかりませんが、このスタイルであれば、親指がキーに届かない、ということもなくなるかもしれません。

画面の情報量は単純に2倍

「iPhone5の4インチからiPhone 6 Plusの5.5インチに乗り換える」と聞くと、一見微妙な違いのようにも見えますが、面積的に見るとかなりの違いが出てきます。
NewImage
iPhone6に関しては、iPhone5との比較で、約2倍の差が出てくるわけです。
もちろんこれは使い勝手にも直結してきますよね。純粋に表示領域が大きいので、ビューワーとしては使い勝手がグンとあがります。
たとえば電子書籍だと、今までは豆本のような感覚で読んでいたものが、iPhone 6 Plusだと新書を読んでいるのと同じような感覚で読めるようになりそうです。

大きいから、タッチペンが大活躍

今までのiPhoneでは所狭しと使っていたタッチペンが、iPhone 6 Plusではわりとのびのびと使えるようになりそうです。実際に6インチのデバイスを使っていると、iPhone5と6インチデバイスだとロディアのNo.11とモレスキンぐらいの違いがある、という感じです。
そうなると、今まではなかなか非現実的だった「筆記デバイス」が、ここに来て一気に脚光を浴びそうです。たとえば、JotScriptなんかを使って、さらっとメモ帳にメモ書きをするようにスタイラスペンを使って手書きメモを残す、というのも現実味を帯びてきそうですね。

ということで、今日はiPhone 6 Plusについてあれやこれやと想像をしてみました。

実際に触ってみないとわからない部分は多いですが、やはり今までのiPhoneと比べるとかなり使い勝手の違うものになりそうですね。
また一つ、発売が楽しみなデバイスが出てきたな、という感じです。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL