iOS8をインストールできない苦悩とその解決策

Apple iOS 8
本日未明、iOS8、ついにリリース。
ということで、早速インストールしようと意気込んだものの、実は愛用しているアプリが動作検証できていないということが発覚。一旦保留となった。
本当を言うと、さっさとインストールしたい。
基本的に新しいデバイスやOSなんかは気になってしまい、リリース後すぐにインストールしたくなる性分だからだ。
今回のiOS8、革新的な機能が搭載されたわけでは決してない。
前回のOSアップデートのように、デザインが一新した、というわけではないし、使い勝手が劇的に向上した、というわけでもない。
でも、やっぱり気になってしまうのだ。外部IMEが使えるようになったり、Macとの連携が強化されていたり、iCloud上のファイルが見えるようになったりと、気になるポイントがたくさんありすぎる。

きっと外部IMEが使えるようになったことで、今まで外部キーボードで不便だった後変換だったりキーボードだけでの操作がぐぐっと増えるんじゃないだろうか。
Macと連携することで、iPhoneはポケットに入れたまま、Macで通知が受け取れるんだろうな。
iCloudのファイルも、Macでわざわざ変なフォルダをあさったりしなくても使えるようになるんだよな。
ちょっと書き出しただけでも気になるポイント多過ぎる!やっぱりアップデートしたい!
…とはいえ、まだインストールできない。愛用アプリがきちんと動作しないらしいことがわかっているから。
我慢できず、勢いでインストールなんてしてしまおうものなら、きっとそのアプリが使えなくてイライラしてしまう。アップデートまで不自由な生活をしたくないし、それならiOS8なんて我慢していた方が良いに決まっている。
でも、気になる。インストールしたい。
この気持ちをどうにか抑えられないだろうか。そう考えたときにふと頭をよぎったものがあった。
『そういえば…iPad Miniがあった。』
一昨年の冬に買ったiPad Miniを人柱にすることにしたのだった。

というわけで、現在iPadの容量を確保中です。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL