制限時の速度が200Kbpsを超える、気になるMVNOサービス2種

NewImage
ASCII.jp:【格安データ通信SIM】ファーウェイからSIMフリーの高性能スマホ
という記事を見て、おお、ファーウェイって今気にしてる「MediaPad X1」のメーカーじゃないか…と覗いてみたら、後半が完全にMVNO SIMのまとめになっていました。
SIMフリー端末についてよりも、SIMフリー端末で使えるSIMカードの特集が充実していて、こちらもまた見応えがあります。
最近はこういう比較記事は色んな所でやっているので、わざわざ自分のブログでやろうとは微塵も思わないのですけれど、この記事の中でちょっと気になってしまったのが、制限速度が200Kbpsを超えている「ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE SIM」と「ELECOM SkyLink Mobile」の二つのサービス。
他のサービスが軒並み制限速度を200Kbpsとしている中、この通信速度がちょっと魅力的に見えてしまいます。

実際の速度をレビューしている以下の記事は非常に参考になります。
ヨドバシのワイヤレスゲート WiFi+LTE 480プラン 250kbpsのブラウザを使った様子を撮影してみた – Dream Seed
実際の読み込み速度を試している動画を見ていると、結構使える速度なんじゃないかと思えてきますね。
数値的に見ると、200Kbpsと250Kbpsだと50Kbpsしか違わないのですが、「今まで20秒かかっていた読み込みが16秒になる」というのは体感値としては結構大きな差になるんですよね。
とはいえ、現状OCNモバイルOneもほどほどに使える速度は出ているわけで、わざわざ乗り換える必要性は感じていません。
OCNは通信量制限はないとわざわざ書いてくれているのが何より心強いんですよね。
その辺りはやっぱりOCNのブランド力というかなんというか。

ちなみに、これ以外にも制限時の速度が200Kbpsを超えているサービスとして「楽天ブロードバンド LTE エントリープラスプラン」があります。これは以前自分も契約していたのですが、これは自分にとって手痛い仕様変更が突然あったので、今後は候補には入らないかな…と考えています。

このサイトをフォローする!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL